ビジネスブログにおける大学生からのアクセス流入・集客施策とは?

落合正和Web無料相談所 回答3回目です!

いやいや選挙で忙しい日々でした。

ここ最近ブログの更新も怠っておりましたので、気合を入れていこうと思います。

さて、先日から始めた”落合正和Web無料相談所”のご回答、第3回目です。

【SNS活用】落合正和Web無料相談所開設のお知らせ!【ブログ運営】

注意!
お名前は非公開でも大丈夫ですが、ご質問内容はブログの記事上で公開して回答する形になります

なかなか回答は追いつきませんが、しっかりやっていきますので、まだ回答できていない方々はもう少しの辛抱を…

お願い申し上げます。

ものすごい質問数になってしまっておりますが、頑張ってまいります。

ご質問いただいた方はぜひブックマークを!

Web無料相談所 
※現在募集を中止しています

それでは早速本日の質問に参りましょう。

ビジネスブログにおける大学生からのアクセス流入施策

今回は匿名希望の方からのご質問。

質問内容は以下の通りです。

【質問】  
リアルビジネス用のビジネスブログを始めようと思ってます。

顧客は主に大学生です。

何から書いていいのか分かりません。

アドバイスを頂けますようお願いします。

ちょっと質問内容に対しての情報が少ないため、ハッキリと回答をするのが難しいのですが、可能なところまで頑張ってお答えしていきましょう。

ビジネスブログというものは、何のビジネスをするかによって書くべき内容が変わってきます。

ですので、

業種がわからないと、このご質問に対する的確な回答をすることが難しいのです。

と言ってしまうとここで終了になってしまいますので、

大学生からのアクセス流入施策

について、少しアドバイスをさせていただきます。

MMD研究所というマーケティングリサーチ期間が面白い調査をしています。

MMD研究所-「2015年版:スマートフォン利用者実態調査」

こういったリサーチ結果は大変参考になる情報なので、積極的に活用しましょう。

ピンポイントに“大学生”だと厳しいのですが、ざっくり10代、20代あたりの傾向を見てみましょう。

・10~30代が最もよく利用するアプリは「SNS・コミュニケーション」
・現在利用している「SNS・コミュニケーション」は10代、20代共にLINE
・次に10代、20代に人気なのはTwitter双方7割〜8割程度は利用している
・利用するデバイスは圧倒的にスマホ
・10代のPC利用はなんと30%台
・ネットショッピングをするデバイスも、10代、20代共にスマホが7割以上

こういった情報を分析すると、以下のようなポイントが重要であることがわかります。

1、とにかくスマホで読まれることを意識したブログづくり 〜大学生はスマホで見ている〜

上記からわかる通り、大学生に限らずいまの時代はSNSも、ネットショッピングも約7割がスマホから。

これからビジネスブログを始めるのなら、徹底して

『スマホから見られる』

ということを意識したサイトづくりを心がけてください。

そうはいってもPCから見られることを無視して良いというわけではありません。

PC、タブレット、スマートフォンどこから見ても見やすいサイトを作る必要があるんですね。

そういったデザインのことを『レスポンシブWebデザイン』と言います。

『レスポンシブWebデザイン』は、ページのレイアウトやデザインを、画面サイズに合わせて柔軟に調整してくれます。

これを採用したテンプレート、テーマを使用したブログをつくりましょう。

もし、ブログをワードプレスで構築するなら、

OPEN CAGEさんのブログ用テーマがオススメです。

スクリーンショット 2016-07-14 10.29.56

全てモバイルファーストでつくられているので、スマホで見た時のデザインは抜群です。

私のこのブログもOPEN CAGEさんのテーマ「アルバトロス」を使用しています。

まだこれが出来ていないサイトも多数存在していますね。官公庁のサイトなどは特に…

2、Twitterから情報をリサーチする 〜大学生はTwitterを使っている〜

上記データからもわかる通り、10代、20代の7割以上がTwitterを利用しています。

海外では苦戦しているTwitterですが、日本では未だ若者に大人気のツールです。

実際に20歳前後の人と話すと「これ全員じゃね??」ってぐらい使われています。肌感覚ではInstagramの比じゃないくらい。

さらに、LIDDELL社が、若者100人を対象に「よく使っている検索について」アンケート調査を行ったところ…

1位「Google」(33%)
2位「Twitter」(31% )
3位「Instagram」(24%)
4位「Yahoo!」(12%)

という結果が出たそうです。

Twitterが検索の対象としても利用されているわけです。

スクリーンショット_2016-07-14_10_17_57

Twitterの検索機能

 

より詳細に検索したい場合は、高度な検索 もあります。

3位にInstagram検索も入っている通り、ググるだけが検索じゃないってことですね。

確かに私も緊急性のあるニュースを調べたい時、流行ものを調べる時、地震が起きた時などは、Twitte検索を使います。(私もまだまだ若いということ!!)

Twitterは若者の7割が愛するツール。このTwitter検索を利用して、さまざまなリサーチを図るのも一つの手段でしょう。

ブログ記事に使うキーワードをTwitterの検索窓に入力し、若者の傾向を分析した上で、ブログ記事を構築していく…

若者(大学生)に刺さる記事を書くにあたって、これは多い効果があるでしょう。

3、Twitterとブログの連動 〜大学生はTwitterから流入する〜

これだけ10代、20代人気の高いTwitterですから、ブログとの連動は絶対にやっておくべきでしょう。

具体的には、

・Twitterで更新情報をシェアする
・ブログ仲間とつながり、相互に記事をシェアする
・サイドバーにTwitterウィジェットを設置する

といった形で、ブログとTwitterの連動を図りましょう。それによってTwitterからのアクセス流入が増えていきます。

ちなみにTwitterと「はてなブックマーク」の相性は良く、Twitterで記事が拡散されることが多くなると、次第に「はてブ」されることも増えていきます。

そして「はてブ」は被リンクを受けることと同様、ドメインが強くなりますので検索流入も増えやすくなります。ドンドン増やしていきたいですね。

スクリーンショット_2016-07-14_10_26_26

ソーシャルボタンの設置は必須ですね〜^^

このような施策で大学生に訴求していけば良いかと思います。

まとめ

今回は『ビジネスブログにおける大学生からのアクセス流入施策』についてお伝えいたしました。

質問の内容とは少しズレてしまいましたが、質問者さまの業種がわからないので、明確な回答が出せず、申し訳ございません。

ご質問の、リアルビジネス=店舗 であれば、地域名+業種、駅名+業種、近隣大学名+業種 といったキーワードを網羅すると良いでしょう。

また、上記のようにTwitterや、Instagramの検索を使って、集客したい大学生の傾向を掴み、彼らに共感されるような記事を書き、SNSでシェアするのも非常に効果的です。

そして、若い人は視覚情報を重視するので、SNSに投稿する写真は特に気を使う必要があります。彼らが惹きつけられるような写真を使いたいですね。

また、学生団体のリーダーとSNSでつながるのも効果的です。数百人単位の学生を束ねているインフルエンサーもいます。

ご参考になれば幸いです。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。