ネットで口コミ!バズ・マーケティング事例 | ネットでバズる方法

07a64e5e43bea38f53b56b84290818d0_s

時代はバズ・マーケティング / 「バズる」とは?

このところ、さまざまなクライアント企業の会議で、「バズらせる為には…」のような言葉を使うことが増えてきた。

「バズる」というのは「バズ(口コミ)」に「~する」をくっつけた造語。

口コミが次々と発生し、情報が拡散していくさまを、「バズる」という。

「バズ・マーケティング」なんて表現されることもある。

多額の費用を必要とするテレビCMや新聞広告が、以前のように通用しない現代、ネットで雪だるま式に情報拡散させる、バズ・マーケティングが注目されている。

今日は、今がチャンスのバズ・マーケティングについて、事例を交えて解説しよう。

バズ・マーケティングの事例と手法

バズ・マーケティングで大きく成功した事例を見てみよう。

ケータイ代一生分無料キャンペーン

ソフトバンクがFacebookページ1周年記念に実施した、「ケータイ代一生分無料キャンペーン」。

この”一生分!”というインパクトある言葉がバズった。

実はこの企画の当選者はたったの1名。
(副賞で1,000円分商品券を1,000名)

インパクトの大きさが口コミを呼び、15万名以上の応募が産まれた。

スクリーンショット 2014-10-14 15.17.00

スラーピーの“ひげストロー”

米セブンイレブンが販売している、スラーピーというシャーベットのような飲料。

この飲料に“ひげストロー”をつけたことで、爆発的なバズを巻き起こした。

誰もがカメラ付きスマホを持つ、今の時代。

こんなものを販売されたら、当然写真を撮ってSNSにアップしたくなってしまうだろう。

米国ではインスタグラムでこれが大流行。

この手のバズ・マーケティングはまだ日本では起きていないので、オススメしたい手法だ。

14722306991_f3c6cb877f_z

「ポッキー&プリッツの日」

2013年11月11日に江崎グリコが実施したチャレンジは世界記録を達成した。

その内容は、0:00~23:59の24時間でTwitterにおける「ポッキー」を含んだ投稿数を計測し、ギネスに挑戦するというもの。

協力した人には、記念証書を贈るなど、参加意欲を煽った。

結果、目標の200万ツイートを遥かに超える、3,710,044ツイートを記録。世界記録に達した。

この影響からか、2013年10月~11月の売上が対前年で約120%まで伸びたとのこと。

この挑戦は今年も行われる。2014年は全世界で展開。

今日、10月14日〜11月11日にかけて、今度はポッキー、またはプリッツを食べている写真or商品単体の写真の投稿数でギネスを狙う。

「WORLD CHALLENGE 11.11」
http://photo.pocky.jp/index.html

世界展会ということで、英語の特設サイトも用意される。

スクリーンショット 2014-10-14 15.16.26

バズ・マーケティングは今がチャンス!

これからバズ・マーケティングに取り組む企業はこのあたりを参考にすると、良い結果を得られるだろう。

日本でのバズ・マーケティングの歴史はまだまだ浅く、未だ競合が少ない世界だ。

特に、スラーピーの“ひげストロー”の事例は、まだ他が取り組んでいないだけにチャンスだ。

日本のSNSも画像投稿の総数を一気に伸ばしており、インスタグラムのユーザー数も増えている。

チャンスだ!

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)