ソーシャルメディア(SNS)のビジネス活用。成功と失敗の分かれ道とは?

PAK85_konoshigotomajiowaranaiOL1292500

ソーシャルメディアでビジネス うまくいく人、うまくいかない人

こんにちは。
マーケティング・コンサルタントの落合正和です。

ソーシャルメディアのビジネス活用って、うまくいく人と、うまくいかない人、ハッキリ分かれます。

大変ありがたい事に私は、大企業から個人ビジネスの方まで、幅広いクライアントさまから、お仕事を頂いております。

そこで感じるのは、ソーシャルメディアのビジネス活用においては、大企業よりも、個人ビジネスの方のほうが結果を出すのが早いです。

なぜなのでしょうか?

解説していきますね。

大企業のソーシャルメディア活用がうまくいかない理由

結局のところ、ソーシャルメディア活用のポイントは、本人が楽しめているか、楽しめていないか。

そこに尽きるのではないかと思います。

大企業の広報担当の方の多くは(全員ではありませんが…)義務感による更新です。

仕事としての義務感でこなしているから、アカウントへの愛着も無いですし、作業もやっぱり機械的になります。

会社側からガチガチ規制がかかった”ソーシャルメディア運用ポリシー”みたいな書面を突きつけられているものだから、担当もまったく楽しんで使っていない。(しかも広告宣伝と関係無い投稿を禁ずる!と書いてあった… そんな投稿誰も見たくないでしょ。)

まるで日々の業務日報を書くような姿勢で、FacebookやTwitterへの投稿に向かってしまっている。

だから、投稿の中身に「各位」とか「平素は…」なんて言葉が出てきてしまう。

ヒドい時には「拝啓 時下ますますご清栄…」なんて書き出ししちゃっているケースもありました。しっかり矯正させていただきましたが…

a0003_001850_m

それに比べ、個人のクライアントさまは、自分ごととして捉えているから、アカウントへの愛着もあり、なによりも楽しんでソーシャルメディアを使っている。

もちろん変な規制もなく自由です。だから投稿の中身も考えます。

売上が直接生活に響くから、投稿を受け取るユーザーの目線でコンテンツを作ろうとする意欲もある。

当然結果が出るのも早いのです。

ソーシャルメディアってコミュニケーションツールです。

ユーザーとのコミュニケーションを楽しめないのに上手くいくわけないんです。

落合はこう思う!

まずは楽しんでいること!これが大前提です。

コミュニケーションツールに仏頂面で向かったところで上手くいくはずが無いんです。

イライラしている人、無表情の人と付き合いたくないでしょ。オンラインだって同じですよ。

まずは楽しみましょう。

ソーシャルメディアを楽しんで使っているうちに、どんな投稿をすればユーザーが反応してくれるのか?喜んでくれるのか?そんなことが感覚的に捉えられるようになってきます。

そうなってくると、ソーシャルメディアがどんどん楽しくなって、やめられなくなる。

ここまで行けばもう勝ったも同然です。あとはちょっとした工夫をしながら、ビジネスへの導線を描けば良い。

企業がソーシャルメディア活用に乗り出すなら、ガチガチの規制はかけてはだめです。

信頼できる社員に任せましょう。もしくは社長自ら運用するのが一番です。

それが出来ないなら、炎上リスクもあるソーシャルメディアなんて、やらないほうが良いですよ。

そして、ソーシャルメディアの担当を設けるのであれば、ITに強い人よりも、コミュニケーションが上手な人に任せましょう。

大事なのはパソコンスキルではなく、コミュニケーションです。

くどいようですが、ソーシャルメディアってコミュニケーションツールです。

そこをしっかり理解すれば、ビジネス活用の結果も変わってきますよ。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)