Googleが独自のモバイルメッセンジャーアプリを開発?

google-76517_640

新アプリ Google message 誕生!?

The Economic Timesを見ると、GoogleがWhatsAppのような、独自のモバイルメッセンジャーアプリを計画しているらしい。

The Economic Times

インドなどの振興市場を狙っているようだが、この報道が正しいかどうかは、置いておいても、巨大インフラを持つGoogleがメッセンジャーアプリ市場に乗り出すのであれば、これはスゴイことだ。

ちなみにWhatsAppというのは、スマートフォン向けのインスタントメッセンジャーアプリ。2014年2月19日にFacebookが160億ドルで買収することを発表した。

今回のGoogleの計画は、WhatsAppに近いコンセプトのようだ。

この買収からわかる通り、今はSNS全盛時代から、メッセンジャーアプリ全盛の時代に差し掛かっている。

現代のインターネットはパソコンから閲覧する時代では無くなった。

スマホ、タブレットが中心となった今、シンプルなメッセンジャーアプリが主役なのだ。

iphone-410314_640

そんな中Googleがどのような新商品を打ち出せるか?

これまでもGoogleは、Hangoutというメッセンジャーを持っていたが、どのように差別化を図るのか?

LINEの後追いをするのか?

興味は尽きない。

Googleの苦手分野

ただ、Google Buzzの失敗、その後FacebookとTwitterの後追いで作ったGoogle+の伸び悩みと、GoogleはSNSやメッセンジャーを作るのは本当に苦手。

今回はGoogleアカウントに紐付けすること無く、独立したカタチをとるようなので、本当に見物だ。

時代にもマッチしたメッセンジャーアプリ。Googleが今後どのような失敗をするのか今後の動きを楽しみに見て行きたいと思う。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)