Gmailの乗っ取りを防ごう!Google 2段階認証の設定方法

7694a7fd626516f517c791e71b44914f_s

 増え行くGoogleアカウントの乗っ取り被害

無料でたくさんの便利なサービスを提供しているGoogle。

特にGmailはプライベートだけでなく、ビジネスで利用している人も多いのではないでしょうか。

そんな中、Googleアカウントの乗っ取り事件が大変話題になっています。

実は私も、先日アメリカのラスベガスから不正アクセスがあり、あと一歩で乗っ取られるところでした。

このところアカウントの乗っ取りにより、勝手にSPAMメールを送ってしまったり、個人情報やビジネスの情報の流出など、一般人はもちろんのこと、有名人、著名人にまで被害を受けたことが話題となり、そのセキュリティ対策について多くの人が関心を持っています。

このアカウント乗っ取りを防ぐために、Googleでは「2段階認証」という設定が可能です。

安心・安全に便利なGoogleのサービスを、これからも活用し続けるために、Googleアカウントの2段階認証の設定方法についてまとめました。

セキュリティを考えると、Googleのサービスを利用している人は必須と言っても良いでしょう。

必ず設定しておくことをオススメいたします。

Google2段階認証とは?

Googleでは、通常のユーザー名、パスワードによる認証の他、専用の確認コードでも認証を行うことで、セキュリティの強化を図ることができます。

これが、Google2段階認証です。

少し面倒ではありますが、これを設定することで、アカウント乗っ取りの危険を回避できる可能性が強まります。

ぜひ設定してみてください。

スクリーンショット 2014-06-09 16.27.25

Google 2段階認証の設定方法

2段階認証の設定はカンタンです。

まずは以下のURLにアクセスしましょう。

https://accounts.google.com/SmsAuthConfig

ここからは指示される通りに入力を進めていきましょう。

具体的な流れは以下の通りです。

1.設定の開始
2.携帯端末を設定する
3.信頼できるパソコンとして登録
4.2段階認証を有効にする

まとめ

Gmailアカウントが乗っ取られると、あなたの想像以上に甚大な被害を伴うことになります。

犯人は、あなたのGmailの送受信履歴を調べ、あなたが利用する別のWebサービス、会員サービスに入り込むことも考えられます。

下手するとネットバンクまでも…

さらに、Gmailアカウントが乗っ取り = Googleアカウントの乗っ取りです。

あなたのスケジュールも、Googleドライブに入れた資料も、全て盗まれてしまいます。

会社からあなたに届いたメールに個人情報や、社内文書があり、それが流出すれば、責任はあなたにも及びます。

可能な限りのセキュリティ対策はしておきましょうね。

[お知らせ]6月29日 後発組のためのSNS攻略セミナー後発組がSNSを活用するノウハウを一挙にお伝えいたします。

どんな業種でも、誰でも、同じ結果が出せるように、実際に私自身や、私のクライアントさまが実践し、結果を出すことが出来たSNSノウハウをテンプレート化しました。
そのひな形をあなたにお渡しいたします。

セミナー詳細をチェックする!

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)