【レビュー】ついに日本語対応!Google Homeを使ってみた 〜Google Homeで出来ることが凄い!Philips Hue、Chrome castとの連携も試しました!〜

Google Homeとは?声で検索、音楽や動画の再生、照明のコントロールまで!さまざまなデバイスとGoogle Homeを連動させることで何でもできる!

Googleのスマートスピーカー「Google Home」がついに日本語対応を果たし、10月6日に発売されました。

このニュースを聞いて居てもたってもいられなくなり、その日のうちにビックカメラで購入!(ネットで注文して翌日配送なんて待てなかった)即、自室に導入いたしました。

Google Homeとは?
「Google Home」は、「Googleアシスタント」を通じて音声認識でさまざまなサービスを起動できるスマートスピーカー。音声で検索したり・音楽や動画を再生させたり・照明をつけたりすることが可能な所謂AIアシスタント。発表時、Googleは「モバイルファーストからAIファーストへ」と表現し、話題となった。Amazon Echoなどと並ぶ、IoT製品の先駆け的存在。

Google Homeの定価は1万4000円(税抜)

私はChromecastとの同時購入で14,000円(税抜)、Google Home2台セットを購入すると20,000円(税抜)というありがたいビックカメラのキャンペーンに乗っからせていただきました。

Google Homeの使用感はチマチマ説明するよりも、動画を見ていただいたほうがよくわかるでしょう。

実際に私の部屋でも使ってみた様子がこちら!

(ちょっと音量が小さいのですが)

このように、声だけでさまざまな家電を動かすことができます。

もちろん家電の操作だけでなくGoogleの多様なサービスと連携して便利に活用ができる製品なんですね。

今回は、そんなGoogle Homeを実際に数日間使って感じたことをレビューしていこうと思います。

Google Homeの音声認識は超優秀!離れていても、小さな声でも、しっかりと聞き取ってくれます!

まだまだスマート家電が普及しきっていない現在、スピーカーにひとりで話しかけている姿は傍目にはかなり怪しく、使っている本人も、なかなか恥ずかしいものです。

私も最初は家族から白い目で見られていました。

その点、Google Homeは小さな声でそっと話しかけても、ちゃんと反応してくれます。かなり離れた位置からでもしっかり聞き取ってくれます。

この優秀な音声認識のおかげで、“独り言をブツブツ言うヤバい奴”だと思われずに済むことでしょう。

また、深夜に利用する時も、家族などに迷惑をかけることなく使えるのも良いですね。

Google Homeはちゃんと話し相手にもなってくれる

Google Homeに採用されているGoogleアシスタントは、「照明をつけて!」「テレビを消して!」「音楽を流して!」みたいな命令だけでなく、くだらない会話にもちゃんとつきあってくれます。

寂しい時は話しかけてみましょう。

冗談も言ってくれるし、占いもしてくれる。気になるSiriや、Alexaとの関係についてもちゃんと答えてくれますよ。

しりとりの相手をしてくれたり、歌ってくれたり、占いまでしてくれます。

どうでもいいことですが、『ゾルタクスゼイアン』について聞いたら、『それはSiriに聞け』的な回答が帰ってきて笑いました。

ホント親切でユーモアのある子です。

時々、冷たい反応の時もありますが…

スマートIoT照明 Philips HueとGoogle Homeとの連携が楽しい!

今回、Google Homeを購入して、一番メリットを感じているのが、このスマートIoT照明 Philips Hueとの連携です。

私が購入したのは以下の2つ。

[amazonjs asin=”B01C6S7DDU” locale=”JP” title=”Philips Hue(ヒュー) スターターセット v2 929001156101″] [amazonjs asin=”B074SHMWP7″ locale=”JP” title=”Philips Hue Go Portable Dimmable LED Smart Light Table Lamp (Compatible with Amazon Alexa, Apple HomeKit, and Google Assistant) 並行輸入品”]

このPhilips Hueを使うことで、自由自在に照明をコントロールできます。

また、

・家に近づくと照明が自動的に点灯
・家から離れると自動的に消灯

などの自動化も可能で、これが本当に楽しい!震える!

現在の私の部屋は、日中〜夜8時ころまでは昼光色で、仕事のしやすい明るい部屋になり、夕方頃(現在は15時の設定)から昼白色で明るいながらも目に優しく読書もしやすい色に変わります。

夜(現在は18時の設定)になると、落ち着きのある電球色となり、夕食をとったり、ゆっくりくつろぎやすい明るさに変わります。

22時を過ぎると、徐々に暖色のライトが弱くなり、さながらBarにでもいるような雰囲気に。この時間は最高ですね。ムードをつくってくれます。

24時をまわると夜間モードに、さらに光は弱く、色合いは赤みが強くなり、眠りにつきやすい部屋に変化します。夜間モードは30分続いた後、電気は切れて真っ暗に。

翌朝6時になると、再び昼白色で明るい部屋となり、スッと起きることができる設定。もちろんGoogle Homeが優しく起床時間をお知らせしてくれます。

このようにPhilips Hueは自由にライトの色を変化させることが可能で、RGB カラーモデルの組み合わせにより1,600 万色以上もの色を光で表現できます。

自ら設定した色だけでなく、あらかじめ用意されたシーン

・サバンナの夕日
・熱帯の黄昏
・北極のオーロラ
・春の開花
・くつろぐ
・読書をする
・集中する
・やる気を出す
・明るめ
・暗め
・夜間照明

などを利用することも可能です。

この照明だけでも、自室の居心地の良さがまったく違います。もう外出たくないもん。

一度使い始めたらもう手放せません。

ちなみにPhilips Hueは、Siriでも操作可能です。

https://youtu.be/vCYAwh9EY6c

Google Homeで音楽を聴く 〜Googleplay Musicがなかなか良い〜

Google Homeはスピーカーですから、やはりメインとなるのは音楽を聴くことでしょう。

スピーカーの性能としては、

「最高のサウンド!!」

とはなりませんが、この価格帯においては充分なクオリティーだと思います。

オーディオマニアを喜ばせるのは難しくとも、部屋にBGMを流す機会として考えると大変優秀だと感じています。

気になる音源ですが、Googleplay Musicが、3ヶ月無料で使えます。無料期間終了後は、月額980円。

お金をかけたくない人は、手持ちの曲を最大50,000 曲までGoogleplay Musicにアップロードできるので、これまでに購入したiTunesの曲や、CDの曲を同期して聴くこともできます。

私は月額を支払って、Googleplay Musicを利用することにしました。なんせ4000万曲以上聴けますし、使うからにはフルサービスで利用したいですからね。

アプリを入れておけば、手持ちのスマートフォンでも聞けるわけですから、安いものです。

おかげさまで、私の部屋は常時BGMが流れる素敵な部屋になりました。

その日の気分に合わせ、アーティスト名、曲名を指定してGoogle Homeに伝えると、自動で音楽を再生してくれます。

「Bill Evansをかけて!」
「The Beatlesをかけて!」

の一声で、まったく間違えることもなく部屋が音楽で満たされます。

また、

「リラックスできる音楽をかけて!」
「カフェで流れるジャズをかけて!」

のように、テキトーに話しかけても、ちゃんと反応して音楽を再生してくれます。

うん。マジ優秀。

音量の調整なども声でしっかり反応してくれるので、寝っ転がって本を読みながら… というようなリラックスタイムには最適ですね。

料理中や、風呂上がりなど、濡れた手を使うこと無く音楽を再生できるのは本当に素晴らしい!

Chrome castを使って、テレビも自在にコントロール!

Google HomeはChrome castと連携することで、テレビのオンオフだけでなく、YouTubeやNetflix等を音声で自動再生させることも可能になります。

でも、この設定に私は大変手を焼きました。

何度設定し直しても、テレビのオンオフすらできない。

なぜか連携がうまくいかなかったんですね。

私の部屋のテレビは、Android TVを搭載したSONY BRAVIAで、Chrome castが内臓されています。

これに接続しようと苦戦していたのですが、どうやらAndroid TV、Chromecast built-in には接続できない模様。

幸いビックカメラで購入した時に付いてきた、Chrome castがありましたので、それを通じて外部接続したところ、テレビのオンオフも、YouTubeやNetflixの再生も可能になりました。

音楽の再生もそうですが、声で動画再生できるのは本当に便利。

マッサージチェアに座ったままテレビのリモコン操作とか本当に面倒だし、ベッドの中でテレビを見たい時なども、音声だけでコントロールできるのは本当に助かります。

また、Chrome castのスクリーンセーバー?がいい感じなんです。

動画の閲覧なんかしなくても、この画面を見ているだけでも十分に楽しめます。

世界中の美しい風景写真から、花、動物の写真、絵画はJacques Avedから葛飾北斎まで、本当にさまざまな画像を見ることができます。

AppleTVやFireTVも、それなりに美しい画像を表示させますが、ここまで多種多様ではありません。

マッサージチェアに身体を預け、好きな音楽聴いて、酒を飲みながら写真や絵画を鑑賞するという、芸術を冒涜するようなお行儀の悪い贅沢もできるのが、Google Home+Chrome castの力。

時にはそのままイビキをかいて寝る。もう犯罪ですね。

 

カレンダーや、他のさまざまなGoogleのサービスと連動して使える

Amazon Echo(Alexa)ではなく、Google Homeを選んだ理由がコレです。

現時点で私が多数のGoogleサービスを使用している為、この点は購買決定への大きな影響を果たしています。

例えば、朝起きた直後、

『ねぇGoogle、今日の予定は?』

と聞けば、Googleカレンダーに入力されている、その日の予定を読み上げてくれるんですよ。

私は朝、Google Homeのアラームで起床し、そのまま

日付、曜日、天気、通勤・通学経路の交通状況、その日の予定(カレンダーに登録された予定の読み上げ)、リマインダー、最新のニュース

を聞いてからベッドを出ます。

これは『今日はどんな日?』の一言で済んでしまう。

そして、歯磨きと着替えの時には声をかけずとも、朝の爽やかなBGMが流れ、心地よい明るさのライティングになっている。あぁ幸せ…

当然、Googleの十八番である『検索』にも、しっかり対応しています。

知りたい内容を聞くだけ。

『◯◯って何?』

などと聞けば、Wikipediaなどから情報を拾って、しっかりと答えてくれます。

スマホを使うことすら面倒になる日が来るとは…

凄い時代ですね。

Google Homeへの不満

と、良いことづくしで私の生活を一変してしまったGoogle Homeですが、不満が無いわけではありません。

まずひとつは、バッテリーを内蔵していないこと。

つまりACアダプターが接続されていないと、電源OFFです。

だから、屋外での利用や、ちょっとした移動も困難。おまけに電源ケーブルが僅か1.8mと短い。

もうちょっと携帯性を向上させてくれると嬉しいんですけどね〜。

音声認識のクオリティは高いです。反応してくれない言葉もありますが、単語ベースでは見事な聞き分け。主要な機能には、全く不満は無いですね。

まとめ 〜Google Home Miniは10月23日発売〜

Google Homeがやってきてからは、本当に部屋が心地よくてたまりません。

ダメ人間になりそう。

本体サイズは直径96.4 × 高さ142.8mm。重さは僅か477g。デザインも良く、インテリアの邪魔にならない、ちょうどいいサイズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home
価格:15120円(税込、送料無料) (2017/10/12時点)

 

もうハッキリ言ってオススメです。

そしてこのGoogle Homeよりもさらにコンパクトになったのが、Google Home Mini。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チョーク
価格:6480円(税込、送料無料) (2017/10/12時点)

 

スピーカー音質は若干劣りますが、できることはほぼ同じ。でも、価格は6,480円(税抜)とだいぶお安くなっているので、こちらもオススメです。こちらは10月23日発売で現在予約受付中。

私にとっては心地よい環境づくりに無くてはならないものになりました。

落合式ブログ&SNS活用法 メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能であるブログを中心にFacebook、TwitterなどのSNSを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

ABOUT US

落合正和
株式会社officeZERO−STYLE代表取締役
一般財団法人モバイルスマートタウン推進財団 副理事長兼専務理事
マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー
ブログやSNSを中心としたWebメディアが専門。ネット事件やサイバー事件、IT業界情勢、インバウンド観光などの解説で、メディア出演多数。 ブログやSNSの活用法や集客術、SEO、リスク管理等の講演のほか、民間シンクタンクにて調査・研究なども行う。 著書: 会社のSNS担当になったらはじめに読む本(すばる舎) ビジネスを加速させる 専門家ブログ制作・運用の教科書(つた書房) はじめてのFacebook入門[決定版](秀和システム)