これから情報発信をはじめる人は『はてなブログ』を選ぶべきである3つの理由

スクリーンショット 2014-12-27 17.01.24

いよいよ年の瀬となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

私は…と言うと、フリーランスなので、仕事納めなどというものは無く、今日も明日も仕事です。

12月はTBS Nスタの取材から、衆議院選挙のWebサポート、日本プロゴルフ協会さまでの講演、Webサイトの制作ディレクション、多数の忘年会への出席、家族サービスに加え、5月にタクシーに轢き逃げされた件での弁護士との折衝、それに誕生日と、本当に盛りだくさんの月でした。

-jx_9dkyeHEpZapGOvvVZdMBxtjyIgUnOSVqt5DpHXs
忘年会つづきでまた太りました…

そんなこんなでバタバタしており、このブログの更新もおろそかになっていたのですが、ようやく落ち着きを取り戻し、いつものペースでの仕事が再開されました。

まぁネットさえつながればどこでも仕事はできるので、オフィスやホテル、カフェなどを転々としながら、今日もストレスフリーで楽しくやっています。

さて、今日は情報発信の重要性と、Webメディアの選び方についてお伝えして参ります。

企業の採用条件にWebメディア運用が含まれる時代

このブログでも何度もお伝えしていますが、今後、自ら情報を発信していくオウンドメディアは、個人であろうと法人であろうと、必須のツールとなっていきます。

米国の一部企業では、採用条件の中に運用しているWebメディアの評価も含むケースまで出てきており、”自分のメディアで情報を発信すること”というのはマストである。という時代がやってきたようです。

このようなことから、今後はフリーランスはもちろんのこと、普通のサラリーマンやOL、就職活動中の大学生も、ブログやSNSを使って情報発信し、自分の価値を世にアピールできない人は淘汰されていくわけです。

Webメディアで情報発信できない人は、特技の無い人、Webを使いこなせない人、という評価を受けてしまうのです。

私のセミナーではいつも、『Webメディアの活用は、芸能活動のようなもの』とお伝えしています。

Webメディアを通じ、世間に自分の価値を売り出していかなくてはならないのです。

Webメディアは、フロー型、ストック型に分かれる

では、この時代にどんなツールを使って情報発信をするべきなのでしょうか?

Webメディアは、フロー型、ストック型と大きく2種類に分かれます。

フロー型

TwitterやFacebookなどフィード上に情報が流れるメディアを指します。

このタイプは鮮度が命。今、この瞬間に情報を発信すること、勢い良く拡散させること、流行を巻き起こすことには優れていますが、発信した情報はすぐに流れ去ってしまい、資産の構築ができません。

 

ストック型

ブログのように、時間が経ってもコンテンツの価値が劣化しにくいものを指します。

このタイプは、フィード上に流れる情報と違い、長きにわたって検索エンジンに拾ってもらうことが可能です。

情報発信を続けるごとに、そのコンテンツが資産となり、積み重なっていきます。
一瞬で爆発的に認知を高めるならフロー型。
コツコツと少しずつ認知を高めるならストック型。

このような特性があります。

ビジネスとして情報発信するのであれば、断然ストック型をオススメします。

一発屋ではなく、長く安定して売れる人材になるには『ブログ』で情報発信していくのが一番です。

※最終的には双方を組み合わせて活用することがベストです。

『ブログ』で情報発信、何を使えば良いのか?

『ブログ』で情報発信と言っても、「数あるブログサービスの中で、何を使えば良いのかわからない」という人も多いでしょう。

アメブロ、Seesaa、ライブドア、FC2、ヤプログ、Blogger …

といったさまざまなブログサービス。

WordPressや、MovableTypeのように、独自ドメイン+レンタルサーバーの環境でスタートする方法もあります。

少し前までは『アメブロ』をオススメしていました。

『アメブロ』には読者登録や、ペタ(足跡機能)、アメンバーなど、初心者にとって一番のハードルである、”初期段階でのアクセス集め”を容易に乗り越えられる機能が充実していました。

しかしながら、度重なる規約変更や厳しい規制、なんの予告もなくブログを削除するなど、運営側の動きに疑問を感じ、今はオススメできません。

当然、それによってビジネスブロガーが去って行き、読者登録や、ペタ(足跡機能)、アメンバーといった互助会機能も満足に機能しなくなりました。もう時代は終わったと言っても良いでしょう。

事実、『アメブロ』を運用するサイバーエージェント自身が、「Ameba(アメーバ)」事業を“リストラ”しました。1600人いる従業員を800人に減らしたんですね。

このような状況で今後サービスが今以上に充実することも考えられないので、完全に『アメブロ』は見切りました。

ユーザー数が非常に多い『FC2ブログ』もアダルト関連で問題を起こし、先行き不透明です。Googleにインデックスされない問題なども起きており、とてもオススメできるものではありません。

WordPressや、MovableTypeは検索にも強く、とても良いツールであることは間違い無いのですが、初めて立ち上げるには少しハードルの高さがあります。

そんな中で、今、私が一押しなのが『はてなブログ』です。

私が『はてなブログ』をオススメする3つの理由

なぜ、私が『はてなブログ』をオススメするのか?

それには以下のような理由があります。

『はてなブログ』はSEOに強い!

最も重要なことですが、SEOに強いです。今の世の中、検索できないものは存在しないのと同じです。

SNSの時代だなんだ言われますが、検索エンジンからのアクセス流入は必須なのです。

SEOの深い知識が無くても、キーワードさえ注意すれば、初期段階からオーガニック検索によるアクセス流入が見込めます。

『はてなブログ』は「はてブ」がつきやすい!

詳しくノウハウを書くとそれだけで一冊の本が書けてしまうので、端折りますが「はてなブックマークの獲得」がしやすいのが大きなメリットです。

記事をアップしてから一定時間の間に複数の「はてなブックマーク」を獲得すると、ホットエントリーに掲載してもらえます。

これだけでも数千のアクセスが望める上に、ホットエントリーはキュレーションアプリやニュースサイトのネタ探しの場となっているため、ここで話題になると、複数のメディアに取り上げられ、爆発的なアクセスが呼び込まれる可能性も秘めています。

更に更に、そのキュレーションアプリやニュースサイトから連鎖的にTwitterやFacebookなどのSNS、2ちゃんねるなどの掲示板サイトでバズる可能性まで…

これは本当にオイシイです。

“はてブする文化”が有るということはブロガーにとって、本当に豊かな土壌であると言えます。

『はてなブログ』は初心者にもやさしい!

執筆する為の機能は充実しています。エディッタも使いやすく、アメブロのように変な規制もないので、何も考えずに、情報発信が可能です。削除対策みたいな知識も必要ありません。

もちろんアフィリエイトも出来ます。

標準で、はてな提供のアクセス解析が付いており、Google アナリティクスなどを導入する必要もありません。

90年代のカラオケについている採点機能並みにいいかげんなアメブロ解析と違い、しっかりと分析可能な優れものです。

 

と、いうことで初心者の方、これから情報発信を考えている方は、まずは『はてなブログ』でチャレンジしてみることをオススメします。

慣れてきたら、独自ドメインでの運用も可能な『はてなブログPro』というサービスも使うことができますよ。

インターネットが社会インフラとなった今、Webメディアを使った情報発信から逃げることはできない!

いかがでしょうか?

これからの時代における、情報発信の重要性と、そのために必要なWebメディアの選び方についてお伝えいたしました。

今後、ビジネスの世界においては、Webで文章を書くことが苦手だ、嫌いだ、などと言っているようでは社会から取り残されてしまいます。

日本のインターネット利用者はもう間もなく1億人に達します。

(総務省の調べによると、平成23年末のインターネット利用者数は9,610万人)

n4301020

※総務省 (情報通信の現況と政策動向)より引用

インターネットが社会インフラとなったこの時代、Webメディアを使った情報発信から逃げることはできないのです。

覚悟を決めて、今日から、今スグ、情報発信を始めましょう。

この流れに遅れてしまうと、気づいた頃には取り返しのつかない状況になっているかもしれませんよ!

uMp7UIFzrM8yb3E1419668866_1419668887

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)