Instagram(インスタグラム)のビジネス活用 知っておきたい3つのポイント

スクリーンショット 2015-03-26 14.38.23

月間ユーザー3億人を突破した注目のSNS、Instagram(インスタグラム)のビジネス活用方法を探る

ここ最近、芸能人などの利用も増えてきたことで、Instagram(インスタグラム)が注目されています。

Instagramの勢いは激しく、昨年12月には、なんと!月間ユーザー数3億人を突破。同時期のTwitterは2億8400万人。

毎日7000万人が投稿してるって言うんですから、いやぁ…凄いですね。躍動感ありますね。

私はこういうデータを見るとワクワクしてしまいます。(ちなみにInstagramの運営はFacebook社です。)

現在共有されている写真の総数は300億枚以上。

このInstagramを企業が黙って見過ごすはずはありません。

積極的にビジネス活用に取り組む会社も増えてきました。

今日は、注目のSNS、Instagram(インスタグラム)のビジネス活用方法を探ってみましょう。

スクリーンショット 2015-03-26 14.16.39

Instagram(インスタグラム)とはなにか?ビジネス活用の前に知っておきたい機能と特徴

ビジネス活用云々を語る前に、Instagramの機能と特徴をしっかり押さえておきましょう。

まず、Instagramとは、写真共有に特化したスマートフォンアプリ。

もちろん無料で使えるSNSです。

Twitterと同様にフォローした人の写真がタイムラインに流れる仕組みになっていますが、Facebookのように写真に「いいね!」したり、コメントを書き込むことができます。

スマホのカメラで撮影した写真をカンタンに共有できるため、大きな人気を獲得しました。(もちろん非公開設定もできるよ♪)

そしてInstagram最大の強みが、フィルター機能を使うことで、誰でも手軽に素敵な写真へと加工できてしまうこと!(動画もできるよ〜)

フィルターの種類は…

SLMBER、CREMA、LUDWIG、ADEN、PERETUA、AMARO、MAYFAIR、RISE、HUDSON、VALENCIA、X-PROⅡ、SIERRA、WILLOW、LO-FI、EARLYBIRD、BRANNAN、INKWELL、HEFE、NASHVILLE。

なんと19種類。

もちろん明るさやコントラスト、彩度などの調整もカンタンにできます。

クールにも、情熱的にも、モダンにも、レトロにも、タップひとつでカンタンに、しかもプレビュー再生し、反映結果を見ながら加工できるのがInstagramです。

 

Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント1 フォロワーの増やし方

ビジネス活用を語る前に、見てくれるフォロワーがいなくては意味がありませんね。

まずはフォロワー増やしの方法から。

これまで、私や、私のクライアントがInstagramを活用して感じていることは、フォロワーの集めやすさです。さすが3億人を超えるSNS、他のSNSと比べても、比較的カンタンにフォロワーを集めることができます。

流行の真っ只中にある、今このタイミングでフォロワー集めておきましょう。

具体的にどのようにフォロワー集めるか?ということですが、

1、投稿にハッシュタグをつける
2、Facebook友達とつながる
3、Twitterと連動

この4つの方法でフォロワーを増やすことができます。

投稿にハッシュタグをつけてフォロワーを増やす

twitterと同様で、Instagramにはハッシュタグの文化が浸透しています。

ハッシュタグで検索された写真からフォローにつながるケースが大変多いため、投稿した画像には積極的にハッシュタグを付けていきましょう。

Facebook友達とつながることでフォロワーを増やす

Instagramは過去にFacebookに買収されている経緯もあり、Facebook連携がとても便利です。Facebookの友達をタップひとつで一斉フォローすることができちゃいます。

手順としては…

1、人型アイコンをタップ

wfYx47W6HtIJ_JxUzszlwH6fF0RwmD5WUzmZ5UjvObE_のコピー

2、歯車をタップ

v6p2AlNpYdGW8b2dVUnens6StrzXDSp0mdiqZe0-9tA

 

 

3、Facebookの友達をタップ

gNeG-dRynRmZkW6bHJ7SwgvQ467xu0soxsVNy9Gz6XM

4、全てのユーザーをフォロー

NIfdApaarZGBzCNDXWq8Z4nUeS6Bq6zJMSf9JWCw4FY

これで一斉フォローすれば、多くの友達にInstagramを使っていることを告知できます。

もともとの知り合いですから、相当数のフォロー返しは期待できるでしょう。

Twitterと連動してフォロワーを増やす

Twitterと連動させることで、Twitterのフォロワーが流れてくるケースも多くありました。

TwitterとInstagramの文化は親和性が高く、違和感無い連動が可能なので、双方使っている方にはオススメです。

連動させるには…

1、人型アイコンをタップ

wfYx47W6HtIJ_JxUzszlwH6fF0RwmD5WUzmZ5UjvObE_のコピー

2、歯車をタップ

v6p2AlNpYdGW8b2dVUnens6StrzXDSp0mdiqZe0-9tA

3、設定→リンク済みアカウントをタップ

3dzuKZ5gMMQ3ZiuQEV0NIHnU2H5Tt0X2tQuEn9FWgH8

4、Twitterをタップ

Prz4oqHuceenHtFKny_NUuznhPhwtezyu6C29j-2SAw

Twitterをタップし、アカウント情報を入力し、ログインすれば連携完了。

この設定後、Instagramに投稿すると、Twitterにも同じ投稿がされるようになります。

他のSNSや自社メディアでの告知

ブログやメルマガ、その他運用している他のSNSで告知しましょう。

やっぱり母艦となるブログは必須であるということです。

さて、ここまでは正攻法でのInstagramフォロワーの増やし方をお伝えしました。しかしながら、これ以外にも、裏技的なフォロワー増やしの方法はあります。

あまりオススメはしませんが、フォロワー増やしの裏技も書いておきましょう。

1、フォロワーを買う

ヤフオクや、ココナラで売ってます。

はっきり言ってまったくオススメできませんが、とにかく数が増やしたい人には…

InstagramはSNSです。コミュニケーションとれないユーザーとつながっても何の意味があるのかわかりませんが、どうしても数自慢したいユーザーもいるので一応ね。

2、英語で投稿(ハッシュタグも)する

米国生まれのInstagram。

英語圏のユーザーがもっとも数多く存在します。

良い写真と英語コメント&ハッシュタグで投稿を続けると、英語圏ユーザーのフォロワーも、ドンドン増えるでしょう。

外国人との国境を越えたコミュニケーションはSNSの醍醐味でもありますね。

でも、日本でビジネス活用しようという人には意味ありません。

3、悪しき伝説のSNS技法 フォロー返し狙い

やみくもに、誰彼構わずフォロー、フォロー、フォローを繰り返せ!

一定数のフォロワーは、フォローを返してくれます。

他人とサーバーに迷惑をかける素敵な手法です。時にはアカウント削除という素敵なプレゼントもいただけます。

SNSで嫌われたい人には、オススメの手法です。

Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント2 戦略的な投稿の重要性

Instagram(インスタグラム)は写真が全てです。

投稿には写真、または動画が必須となり、プロフィールページも、その写真で構成されます。

良くも悪くも、写真が全てを印象付けてしまいます。

ですので、投稿する写真はブランディングやマーケティングのための活動として戦略的に行うことが大事です。

自分が商品である、コーチ、コンサルタント、その他士業の方以外は、Facebookやブログのように、プライベートとビジネス双方の面で使用するのは避けるべきでしょう。

投稿ごとに、その目的や狙いを意識し、全体のデザインを考えた上で写真をアップする必要があります。

また、他のSNS活用と同様に、宣伝投稿や、プロモーション投稿の連発は嫌われます。

タップひとつでカンタンにリフォロー(フォロー外し)される世界です。

・ビジネスの裏側(店のバックヤード、生産工場等)の様子を見せる
・人(従業員、経営者)にスポットを当てる
・まだ公開していない新商品をチラ見せさせる

こういったひと工夫で、興味を誘うアカウントにすることができます。

また、Instagramは、投稿のコメントにリンクを含ませることができません。

これにより、スパムのような宣伝投稿を防ぐことで、写真主体の気持ちのよい見栄えを維持できています。

唯一リンクを置けるのがプロフィール欄。

写真を見たユーザーの興味をプロフィールに誘導する導線なども、工夫すべきポイントなのです。

いかに関心を持ってもらうか、いかにフォロワーとの距離を縮めるか、をしっかり考え、戦略的な投稿を心がけましょう。

また、基本的にInstagramはスマホ専用アプリです。

PCからは投稿できなかったり(方法がないわけではありませんが)しますので、担当者はSNS、スマートフォン慣れしており、かつコミュニケーション上手な人を採用しましょう。

前から何度も伝えていることではありますが、私の主観ではPC操作が得意なプログラマーやエンジニア系の人って、こういったSNSのコミュニケーションが得意ではないケースが多いです。

担当者の適正は、PCに強いとかでは無く、コミュニケーションが得意な人を選ぶべきなのです。

Instagram(インスタグラム)のビジネス活用ポイント3 企業の活用事例

Instagramはすでにさまざまな企業がブランディング、マーケティングのために活用しています。

実際に多くの企業が採用している手法が、”ユーザー参加型のキャンペーン”です。

PUMA、GU、LEVI’S USA、ニューバランスなど、アパレル系企業がよく実施しています。アパレル以外にも、ロクシタン新宿や、ダンキンドーナツなどもやっていましたね。

Instagram活用の基本パターンがコレではないでしょうか。

具体的には、一定の決められたハッシュタグなどを使い、モデルやブロガー、時には一般ユーザーから自社商品を使用した写真を投稿してもらうことで、コンテストを開催したり、オンラインカタログに掲載したりする方法。

スクリーンショット 2015-03-26 14.41.07

Instagramは、上記で解説した通り、TwitterやFacebookと連携しているユーザーも多いため、強い拡散力を持って広がります。

それにより企業イメージや、自社の商品画像を多くの人にお知らせすることができるのですね。

実際にユーザー参加型キャンペーンで作られた、オンラインカタログ「GU TimeLine」は一見の価値ありです。

GU TimeLine
http://www.gu-japan.com/gutl/pc/

Instagram(インスタグラム)においても、大切なのは双方向コミュニケーションと、共感の心です。

いかがでしょうか?

今日はInstagram(インスタグラム)について、その特徴と機能。

さらに、ビジネス活用を展開するにあたって、知っておきたい3つのポイント

・Instagramでのフォロワーの増やし方
・戦略的な投稿の重要性
・企業におけるInstagramの活用事例

についてお伝えしていきました。

InstagramはSNSです。モニターの向こうには生身の人間が存在し、その生身の人間と「コミュニケーション」をとっていかなくては、結果にはつながりません。

これは、これまでのFacebook、Twitter活用と同様です。

新聞、ラジオ、テレビのように、一方的に情報を投げつけるような、乱暴なマスマーケティングは一切通用しません。

担当者はこの部分はしっかりと肝に銘じておきましょう。

大切なのは双方向コミュニケーションと、共感の心です。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)