ネットいじめ撲滅!キスマーク投稿がInstagramを中心に流行中!「#KissAndMakeup」

スポンサーリンク



日本にも影響が…Instagram、Twitterへのキスマーク投稿でネットいじめ撲滅!

米国発のハッシュタグキャンペーンが徐々に日本に浸透してきています。

2014年には、Facebook、YouTubeなどのソーシャルメディアで『アイス・バケツ・チャレンジ』が流行し、芸能人や経営者、政治家も巻き込み大騒ぎになりました。

『アイス・バケツ・チャレンジ』は、筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援するため、バケツに入った氷水を頭からかぶるか、ALS協会に寄付をするという運動。

『アイス・バケツ・チャレンジ』は実際に寄付金の増加や、ALSの認知度向上に一役買ったわけですが、今回流行しているのは、

手の甲にキスマークをつけ、口元を隠した画像をSNS上にアップする、ネットいじめ撲滅キャンペーン。「#KissAndMakeup」

アメリカの化粧品販売会社「tarte」「Bystander Revolution」という慈善団体が共同で呼び掛けた運動とのことです。

スクリーンショット 2016-03-02 9.16.54

日本人アカウントにも、じわりじわりと浸透し始めています。

ネットいじめ撲滅の為のキスマークキャンペーン「#KissAndMakeup」

アメリカで問題となっている“サイバー・リンチ”

年間数百万人規模で被害者が出ているとのことで、日本人にとっても他人事ではありません。

それを撲滅しようと、「tarte」「Bystander Revolution」が呼びかけたのがこのSNS運動なのです。

非常にシンプルな運動で、

1、手の甲にキスマークをつけ、口元を隠した画像を
2、「#KissAndMakeup」のハッシュタグをつけて投稿!

これだけ。

主にInstagramを中心に投稿されています。Twitterでも少々見られますね。

『化粧品会社のステマだ!』

という声も挙がっていますが、

『アイス・バケツ・チャレンジ』も非難の声が多数有りながら、一定の成果を挙げているという事実があります。

と、いうことで、このキャンペーンも良い成果が産まれたらいいなぁと思っております。

参加するのは…

男性の私には少し恥ずかしいですねぇ。。。

まとめ

『アイス・バケツ・チャレンジ』も、今回のキスマークキャンペーンも一定数批判の批判はありますが、現状、SNSの持つ拡散力はネガティブなことに使われることが多いので、こういったポジティブな発案からのキャンペーンは有ったほうが良いと私は考えています。

こういったキャンペーンは、セレブや有名人も参加することから、SNSそのものを盛り上げるという側面もありますし。

いずれにしてもSNSは良い力として活用したいものですね。

※ビジネス視点としては、このようなキャンペーンの傾向を注視して、SNSによる拡散とはどういった仕組みでおきるのか?というの部分をしっかりチェックしておくことが大切ですよ。

今件に関する取材はこちらからどうぞ↓↓
マスコミ関係者様へ 出版関係者様へ ウェブメディア・SNS・ソーシャルメディアの専門家、評論家 落合正和への取材依頼・出演依頼・執筆依頼の連絡先

 

スポンサーリンク



仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。