LINE登録ユーザー数、5億6千万人を突破!新サービスも次々と発表!

スクリーンショット 2014-10-09 18.14.51

乗っ取り事件もなんのその!LINEの勢いが止まらない!

ついにLINEのユーザー数が5億6千万人もの数字を突破したと、LINE社が事業戦略発表会「LINEカンファレンス」にて発表。

アクティブユーザー数は1億7000万人。

もう世界的なメッセンジャーアプリに成長したと言っても良いだろう。

What’s upが6億人、中国のウィーチャットが4億3800万人。

徐々に詰めているカンジだ。

今回はこの破竹の勢いで成長を続けるLINEの新サービスについて。

スクリーンショット 2014-10-09 18.14.51

新サービスも次々投入!地図アプリ、LINE PayにLINE タクシー、LINE Wow、LINE@ID開放

LINE Maps for Indoor

LINEによる屋内専用のちょっと変わった地図アプリだ。ショッピングモール、デパートなどの店内案内に特化したアプリ。 対応する施設内でアプリを起動すると、現在地から目的のお店までのルートを地図で案内してくれる。また、営業時間、電話番号などのちょっとしたお店情報も表示される。

決済サービス LINE Pay

ECサイトの決済に利用可能で、LINEユーザー同士での送金も可能。クレジットカードとも連携。1人がまとめて支払った費用を割り勘で徴収できる「割り勘機能」も備えている。これは将来、飲み会などでも使えると便利だろう。手数料は「おそらく業界最安値」とのこと。

LINEタクシー

UberのLINE版。さすがに早い!日本交通と連携しており、LINEアプリ使い、指定した場所にタクシーを呼べる。決済はLINE PayでOK。今冬に東京でスタートし、2015年中に全国展開。グローバル進出も計画中だ。

LINE Wow

LINEアプリを通じ、フードデリバリーを行えるサービス。都内3店舗と提携し、今秋に渋谷区限定でスタート。韓国フードデリバリー大手のWoowa Brothersと合弁会社を設立して提携するらしい。

LINE@ID開放

これまで審査が必要だった、LINE@IDをすべてのユーザーへ開放し、専用アプリから利用できるようになる。専用アプリはiOS とAndroid双方に対応予定。また1人で複数のLINE@IDを所有できます。

barcelona-413206_640

その反面セキュリティは…

決済関連の新サービスの発表がありながらも、そのセキュリティは不安視されているのが現状だ。

アカウント乗っ取りにより、電子マネーをだまし取られる詐欺被害は今でも相次いでいる。

o0400071013012392474

大阪府警が認知した被害総額は、ここ3カ月で1,000万円を超えているらしい。

ここの対策はさらに強化してほしいものだ。

勢いは留まることを知らない

海外ユーザーも爆発的に増えており、世界的な企業となりはじめたLINE。

グリー、サイバーエージェントと連携し、ゲーム開発の新会社の設立も発表された。

上場も狙っており、勢いは留まることを知らない。

LINEタクシーにも言えるが、ぜひセキュリティ面を改善して突っ走って欲しい。

これだけフットワークの軽い企業は今時珍しい。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)