【当たり前!?】NHKの受信料 ネット課金見送りへ

a0006_001658

NHKは受信料制度の変更を見送った

ネットでもNHK放送を見られる「同時再送信」を実現することで、パソコンやスマートフォンユーザーからの受信料徴収に意欲を示していたNHK。 次期経営計画の期間内での制度変更は見送ったようだ。 毎日新聞 2014年10月15日 07時40分

今回は免れたがNHKが意欲を失ったわけでは無く、将来これが実現化されれば、ネット環境がある人は全員強制的に課金されることとなる。 ネットの声は…

スクリーンショット 2014-10-15 12.26.38

どうやら歓迎されていないようだ。

なぜ、NHKはネット課金を導入したいのか?

インターネットの普及〜スマホの普及などが要因となり、趣味趣向の多様化が進んでいる。

かつては国民の共通の娯楽であった「テレビ」も見ない人が増えた。

そうなると当然、NHKの受信料支払いを拒否する人が増えてくる。

NHKの受信料支払いを拒否する人が増える ⇒ 受信料の徴収を強化する。

今の受信料制度を続ける限り、NHKは減収の一途を辿ることになる。 それを食い止めたいがために、ネット課金の導入を狙っているわけだ。

なぜ、ネット課金は歓迎されないのか?

当然だが、ネット課金が実現されれば経済的な負担が増す。 一番の要因はここだろう。 また、それ以外にもNHKの報道姿勢に疑問を抱く人も多いようだ。

スクリーンショット 2014-10-15 12.34.43

この田母神氏の投稿は大きなバズを起こしている。

スクリーンショット 2014-10-15 12.44.14

国会でも言及されたようだ。

ネットでは、

・スクランブル放送にしろ!(料金を支払う契約者だけが受信できる放送)
・ネット課金するなら受信料は世界中から徴収しろ!
・押し売りではないのか?
・送りつけ詐欺と同じだ!
・そもそもNHKは必要なのか?

なども声が上がっており、平均年収は1780万円とウワサされるNHK職員の給与に疑問を持つ人も多いようだ。

NHKというメディアのあり方が問われている

双方の意見の比較を記事にしたいと思い、肯定意見をザックリ探したものの、見つけることができなかった。

じっくり探せば見つかるのかもしれないが、それだけ反対意見が多いのだろう。

NHKはネット課金を見送ったわけで、諦めたわけではない。

将来の導入を進める姿勢は変わらないだろう。

我々も公共放送のあり方について、もっと真剣に考えなくてはならない時期なのかもしれない。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)