[ブログ運営] オリジナルコンテンツ、独自性の作り方

jogging-70510_640

「まだ勉強中です!」な、あなたにもできるプロ仕様のオリジナルコンテンツの作り方をお伝えします

久しぶりの更新となりました。

今月より、しっかりとサイト運営を再開していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

さて、再開第一弾は、クライアントさまからの質問にお応えします。

「ブログのテーマ(記事じゃなく全体のテーマ)は、大抵のものはすでに誰かがやってる。その中で、どう違いをだしていけばいいか?」

ブログ、オウンドメディアに限らず、Webサイトを運営するにあたって、「オンリーワン」でありたいという想いは誰もが持っていると思います。

当たり前ですが、ただ情報を垂れ流すだけのアリガチなデザイン、アリガチなコンテンツでは誰も見てくれません。

10億件を超えるWebサイトの中から、ユーザーに選んでもらう為には、ちょっとした工夫が必要になるのです。

『「オンリーワン」を出せないから、その他大勢に埋もれてしまうし、自分のコンテンツに自信を持てないんです。それにまだ勉強中で、本当に私なんかが情報発信して良いものか…』

あなたにもそんな悩みがあるのではないでしょうか?

でも…安心してください!

今回ご案内するノウハウをあなたのブログに加えれば、誰もがプロ仕様のオリジナルコンテンツを作れるようになります。

ブログの運営って、NO.1にならなくても「オンリーワン」にさえなれば、大きな収益を生み出せるんです。

BGMはSMAPの「世界に一つだけの花」でどうぞ… 私は少し苦手な曲ですが。。。

000291-401x600

オリジナルコンテンツを生み出す3つの手法

それでは、具体的なオリジナルコンテンツを生み出す方法について解説していきます。

例え今、あなたがアリガチなコンテンツを配信していたとしても、これらのエッセンスを(できれば組み合わせて)加えれば、プロ仕様のオリジナルコンテンツに生まれ変わらせることができます。

あっ、ちなみに後半に行くにつれて、より効果が大きなノウハウになります。

1、明確に自分を出す、著者を目立たせる

書店でビジネス書を読み比べるとよくわかりますが、まったく同じノウハウが書かれた本が、何冊も出版されています。

ほとんど内容が変わらないのに、次から次へと出版され、売れ続けている理由は何でしょうか?

様々に理由はあるでしょうが、「著者が違う」というのは大きな理由の一つでしょう。

誰が書いているか??が重要なんです。

仮にまったく同じノウハウですが、著者の違う本が3冊あったとしましょう。

・カリスマ起業家 佐藤太郎さんの手帳術
・普通の主婦 伊藤花子さんの手帳術
・プロスポーツ選手 加藤二郎さんの手帳術

この3冊の本が出版されれば、ノウハウは同じでも読者層は大きく異なるはずです。

同じ内容でも書く人が変われば、共感ポイントは違ってきます。主婦なら伊藤さんの本を手に取るでしょうし、起業を目指すサラリーマンなら、佐藤さんの本を手に取るでしょう。

中には同じ内容であることも気づかず、3冊の本を読破する人もいます。著者が違うとノウハウそのものも、違って見えてくるのです。

ブログも同様です。

著者の個性や、職業、肩書きを明確にしましょう。あなたのブログは、「誰が書いているのか?」一目でわかる仕様になっていますか?

初見のユーザーはプロフィールの細かな文章まで読んでくれませんよ!

明確に「あなた」がわかるWebサイトをつくりましょう。ノウハウだけでなく、著者を目立たせましょう。

著者の個性が映えたサイトは、仮にどこにでもある内容だとしても、オリジナルノウハウのように見えてしまうのです。

2、オリジナルの『味付け』をする

ちょっとした『味付け』を加えるだけで、ブログの印象は大きく変わります。

焼きそばも、ソースと塩では、まったく違う料理になりますよね。それと同じです。

例えば、

・ブログの冒頭に、独自の枕言葉を毎回書く
・吉本新喜劇のように「お約束」を用意する
・独特の表現や、言い回しを使う

といった個性の演出は効果的です。

影響力のあるブロガーをチェックしてみてください。みんな独自の味付けがあるはずです。

元プロボクサー、竹原慎二さんのブログでは、締めの語句に「じゃあの。」と付けるのが定例となっていて、それが味をだしていました。

某年収1億円ブロガーも「〜次第です。」、「本末転倒です。」という表現を頻繁に使うクセがあり(意図的かもしれない。)その独特の言い回しが著者の味になっています。

アメブロで有名なあの方も、冒頭の挨拶は「お約束」になっていますよね。

ここ最近使っている、私の手書き図解も、いずれ私の味として、認知してもらえるようになるかもしれません。

3、2つの違うものを組み合わせ、独自の切り口を考える

これは強力なノウハウです。

藤沢数希さんというアルファブロガーをご存知でしょうか?

藤沢氏は、金融工学を恋愛に応用して生まれた「恋愛工学」という切り口で、ブログや、「週刊金融日記」有料メルマガを運用し、まぐまぐでは殿堂入りも果たしています。

おそらく有料メルマガの部数は日本でも5本の指に入るでしょう。

藤沢氏のように、『金融工学+恋愛』と、2つの違うものを組み合わせ、新しい切り口を生み出すのは、とても良い方法です。

例えば、車の修理工場、板金塗装屋さんがブログで、車のドレスアップや修理のノウハウを書くならば、車を人体に例えて医学的視点から修理方法を解説したら面白いかもしれません。

「エンジンオイルの劣化は血液の汚れと同様です、この故障は動脈硬化の状態で…」

『車修理ノウハウ+医学』なんて、間違いなく「オンリーワン」ですよね。(もう少し練ったほうが良いですが…)

・コーチングノウハウ+占い
・プロスポーツ選手のトーレーニングノウハウ+ダイエット
・電話営業ノウハウ+コピーライティング

なども面白いかもしれません。

実際に私もWebマーケティングのノウハウを、選挙に応用したら…といったコンテンツをクライアントさまに提供しています。

自分の得意なコト、モノを、一度棚卸ししてみましょう。

新しい切り口を生み出せるかもしれません。

IMG_5214

オリジナルコンテンツはSEOの観点からも重要

いかがでしょうか?

今回紹介したノウハウを取り入れれば、すぐにプロ仕様のオリジナルコンテンツへと生まれ変わり、あなたのブログは、多くの読者から必要とされる「オンリーワン」の存在となるでしょう。

ぜひ、1〜3へ順を追って実践してみてください。

また、オリジナルコンテンツを作ってページをユニークにしていくことは、これからの時代、SEOの観点からも必須事項となります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)