ソーシャルメディアで人気者になるための5つのポイント

PAK86_peasyorokobu1039500

人気者になりたいか!!

こんにちは。
マーケティング・コンサルタントの落合正和です。

今日は、ソーシャルメディアで人気者になる5つのポイントをお伝えして参ります。

人気者にためにはやってはいけないことが多々あります。

一見あたりまえにように感じるものもありますが、あなたは大丈夫ですか?

5つのポイントにまとめてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

誰からも好かれようとしない

ブログも、Facebookも、Twitterも、その先にいるのは人です。

人はみな同じ考えを持っているわけではありません。

性格も違えば、考え方や主張も違う。色々な人がいるわけです。

そもそも全員に好いてもらおうなんて不可能なのです。

そして、大衆受けしそうな無難なことばかり言う人は、誰からも支持を受けませんし、信頼もされません。

人気者はいつの時代も、一本筋が通っていて、”自分”を持っている人です。

どこにでもいそうな人、みんなと何も変わらない人が人気者になることは有り得ません。

後半に進むにつれて文章が過激になってしまいました(笑)

PAK25_ookawremon500

異性を意識しすぎない

これはFacebookによく見られる気がしますが…

異性の目ばかり気にしないようにしましょう。

傍目にもわかる程、異性への態度を変える人ってスゴく多いです。

これって見ている側にすれば、不愉快というか、気持ち悪いというか、とても好感度にはつながりません。

特に女性に多い気がするは気のせいでしょうか?男性へのコメント返しの時だけテンションMAXになっちゃってる人。。。

同性から冷ややかな目線で見られてますよ。

こんな人はまず人気者にはなれません。

『男性にも女性にも、その他の性にも分け隔てなくコミュニケーションがとれて、よく気がつく人』がベストですね。

PAK75_sofanisuwaruhosthuudansei500

否定ばかりする人にならない

ソーシャルメディアって肯定の文化です。

Facebookの”いいね!”、mixiの”いいね!”、LinkedInの”いいね!”、アメブロの”いいね!”、LINEの”いいね!”、Tumblrの”スキ”、Pinterestの”like”。

肯定の文化の中で、なぜか自分だけ否定的な意見を撒き散らし、悦に浸っている人がいます。

そして、そのような人は、大抵自分が否定ばかりしていることに気付いていません。

オンラインでもオフラインでも、「否定から入る」話し方は敵を作ります。

「でも」、「いや」、「しかし」など否定系のワードばかり使っている人、要注意です。

人気者は肯定の文化の中に生きています。

PAK73_panchisareru20140321500

悪口を言わない

あたりまえの話ですが、悪口を言う人は好かれません。

最近は坂上忍や、有吉弘行、マツコデラックスなど、毒舌系タレントが人気なせいか、「わたし毒舌だから〜!」と勘違いしちゃっているヤカラがいますが、残念ながら面白くもない毒舌など、ただの悪口です。

彼らが人気なのは、毒舌を放っても許されてしまう才能があるからであって、あなたがそれをマネしたところで、まわりはドン引いてます。

人気者はそんなこと言いません。

あれ?私も毒舌でしょうか(笑)

PAK86_cyottomimikashite20140321500

一方的にならない

ソーシャルメディアって、コミュニケーションツールです。

あなたとわたし、わたしとあなた、双方向のコミュニケーションが大事です。

好き勝手投稿するけど、コメントは一切返さない、いいね!なんて一切押さない。

そんな人が人気者になれるわけがありません。

芸能人のマネしているのでしょうか?返すのが大変なほどコメントつかないっしょ…

ちゃんとコミュニケーションとりましょうね。

C778_iphoneijiru500

まとめ

いかがでしょうか?

あなたは大丈夫ですか??

今日は「ソーシャルメディアで人気者になるための5つのポイント」というカタチでまとめましたが、逆に言えば、これらができていない人は、”ソーシャルメディアで嫌われる人”です。

これを機会に、十分に注意してソーシャルメディア運営にあたってくださいね!

 

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)