Twitterがリベンジポルノ対策!ツイッタールール改定

スクリーンショット 2015-03-13 12.18.36

撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することを禁じます

先日、日本初のネット流出によるリベンジポルノ法適用で逮捕者がでました。

リベンジポルノ対策とセクストーション(性的脅迫)対策

その流出場所がTwitterだったことも影響しているのでしょうか。

Twitter社が「Twitterのルールとポリシー」内にある規約の

・Twitterルール
・嫌がらせ行為に関するポリシー

を改定しました。

どのように変更されたのかを見てみましょう。

 

Twitterルールの改定、嫌がらせ行為に関するポリシー改定

双方ともに、[脅迫と嫌がらせの項目]内に、

「撮影されている人物の同意なく撮影または配布された、私的な画像や動画を投稿することを禁じます。」

という文言が追加されました

Twitterルール
スクリーンショット_2015-03-13_11_32_07

嫌がらせ行為に関するポリシー
スクリーンショット_2015-03-13_11_32_27

これは明らかにリベンジポルノ対策ですね。

明文化されたことで、良い影響はあることでしょう。

早い段階で規約違反が判明し、アカウント停止にすることができれば、流出画像の拡散を抑制することができます。

リベンジポルノで一番恐ろしいのは、インターネット上に流出した画像が、回収不可能なほど拡散されてしまうことです。流出画像は犯人が逮捕されても消えるわけでは無いため、犯人逮捕が根本的な解決にはならないわけです。

その点、今回の処置は期待が持てます。

脅迫にも言及しているので、セクストーション(性的脅迫)対策にもなりそうです。

このニュースが広がることが抑止力にもなりますね。

Twitterでよく見られた、晒し行為も禁止になります

バカッターと言う表現も目にしますが、

[街角や電車内などで見かけた、ちょっと変わった人を無断撮影し、Twitterに晒す…]

という行為で炎上するケースがよく見られましたが、これも今回の改定により明確に禁止になります。

今後、写真をアップする時は、他人が写り込んでいないかしっかりチェックする必要もありますね。

しっかりルールを守って運用しよう!

Twitterに限らず、Web上でもしっかりルールは守っていきましょう。

実社会では普通に生活していても、Webに入ると攻撃的になり人格が変わってしまう人、平気で犯罪行為に走ってしまう人は少なくありません。

スマートフォンが普及し、SNSがインフラとなった現代においては、Webと実社会の境界線がなくなってきました。

実社会でも、Web上でも、しっかりルールを守れる大人でありましょう。

そして、そのルール、マナー、モラルを子供達に教え、家庭や学校でもネットリテラシー教育ができる世の中にしていきたいですね。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)