【危険!】日本年金機構から個人情報が流出!悪用される前に確認と対策を!

スポンサーリンク



日本年金機構から個人情報が流出してしまいました。その原因は?

大変な事件が起きてしまいました。

昨日、日本年金機構が個人情報流出を発表。

実際に流出した時期は、5月8日あたりとのことで、既に流出してから1ヶ月近くも経ってしまっています。

【日本年金機構】日本年金機構の個人情報流出について

流出の内容は以下の通り

基礎年金番号&氏名の流出:約3.1万件
基礎年金番号&氏名&生年月日:約116.7万件
基礎年金番号&氏名&生年月日&住所:約5.2万件
合計:約125.0万件

とんでもない話です。

しかも、流出原因が本当に酷い。日本年金機構の職員がウイルスメールの添付ファイルを開封したために、この事件は起きてしまったとのこと。

内部での情報伝達も十分ではなく、数十台のPCがウイルス感染していたそうです。他にも、個人情報保護のためのパスワードをかけていなかったなどの内規違反も判明しているそうで…

詳しい状況はわかりませんが、かなり初歩的なミスと言っていいでしょう。とんでもない不祥事です。

しっかりとした職員へのネットリテラシー教育が行われていたのか、気になるところです。

それにしても情報セキュリティーに対する認識が甘いですね。重要な情報を扱う機関として、これはちょっと…

keyboard-279664_640

個人情報流出!被害を受ける前にやっておきたい対策とその方法とは?

今回の事件では、約125万人もの人の大切な個人情報が流出してしまいました。

今後考えられる被害はさまざまありますが、

・ダイレクトメールが届く
・闇金、消費者金融で金を借りられる
・オレオレ詐欺系の電話が来る

こんなところでしょうか。

上記を見て、「電話番号は流出してないじゃん!」って思った人はセキュリティへの認識が甘いので、注意が必要ですよ。

さて、実際の対策として私たちができることを考えてみましょう。

まず最初に我々ができることは、自分や家族の情報が流出してしまっているかどうかの確認です。

ちなみに今件については、6月2日(火)から個別の確認が開始され、該当する場合には個別にお知らせがあり、お詫びされるとのこと。

また、該当者の基礎年金番号を変更して対処するとのこと。

一応専用の電話窓口を記載しておきます。
フリーダイヤル 0120-818211
受付時間:8:30~21 :00 (平日及び土日も同じ)
※ただし上記受付時間は本日から6月14日まで

 

すでに情報は流出してしまっているので、これからできることは詐欺被害などへの注意、及び注意喚起です。

1、ダイレクトメールはすべて捨てる!

特に金融風のダイレクトメールは危険です。すぐに処分しましょう。

個人情報流出後、だいぶ時間が経ってしまっています。もうすでに届いてしまっているかもしれません。

ダイレクトメールはすべて捨てましょう。
(必要なDMって無いよね。)

あなたが被害を受けることはなくても、家族が誤って詐欺被害に会うケースもあります。特に高齢者には注意が必要です。

家族にも事前に注意喚起しておきましょう。

2、不審な電話に注意を!

オレオレ詐欺に限らず、不審な電話に注意をはかりましょう。

悪質な業者は、手に入れた情報を活用し、あらゆる手段をもって電話番号や、メールアドレスなど、次の情報を探しています。

電話帳に登録している人は、名前と住所さえわかれば、すぐに電話番号もわかってしまいます。

こちらも高齢者は狙われやすいので、注意が必要です。

また、闇金や消費者金融は、自宅や職場に在籍確認(本当に勤めているか?本当に住んでいるか?の確認)の電話をするケースが多いです。

怪しい電話があった際は十分に警戒をしてください。

3、問題が起きたらすぐに警察に相談を!

ダイレクトメールくらいならまだしも、あなたの個人情報を使って、勝手に健康保険証を作られ、闇金や消費者金融でお金を借りられたり、女性であればストーカー被害に遭う可能性もゼロではありません。

何しろ、名前も住所も年齢も犯罪者の手元に渡ってしまっているのです。

何か危険を感じたり、問題が起きてしまったら、すぐに警察に相談しましょう。

被害を受けてからでは遅いのです。

迅速な対応を心がけましょう。

 

個人情報漏洩は他人事ではありません!

また…個人情報を取り扱う企業の皆様、そしてリスト獲りを行っている個人ブロガーの皆さん。

あなたは大丈夫ですか?

今の時代、個人情報の取り扱いは、会社の存続に関わるほどの大きな問題に発展しています。

先日のベネッセにしても、会社を揺るがすほどの大打撃であったことは間違いないでしょう。

今回の日本年金機構の対応も、同機構の不手際や知識不足が傷口を広げた点は否めません。

日常から個人情報の扱いについて、対策は立てていますか?

ついつい売上や、成績ばかりに気が入ってしまい、後回しにしがちなのではないでしょうか?

情報セキュリティーや、ネットリテラシー教育は、何も事件、事故が起きていない起きていないうちから、対策、社員教育を行っておくことが重要です。

個人ブロガーのあなたもですよ。名前とメールアドレスを貰っていたら、それはもう個人情報です。

強固なセキュリティのもと管理しないと、万が一PCを紛失したり、ウィルスに感染した際、損害賠償を求められる可能性も否めません。

少なくともCSVファイルをPC内のハードディスクに保管するとかはやめましょうね。

まとめ

日本年金機構の個人情報流出事件。

本当に困ったものです。

被害を受けないようにしっかり対応を頭に入れておきましょう。被害はあなただけでは無く、家族にまで及ぶ可能性があります。

・ダイレクトメールはすべて捨てる!
・不審な電話に注意を!
・問題が起きたらすぐに警察に相談を!

家族のためにも、万全な対策を!

十分に注意してくださいね!

また、人の振り見て我が振り直せ。この機会にしっかり情報セキュリティ対策、ネットリテラシー教育を行っておきましょう。

講義が必要ならぜひご連絡くださいね。

落合への講演依頼はこちらから

それにしてもこれ、集団訴訟とか大丈夫なのかなぁ…

スポンサーリンク



仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー
2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。
著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)