自己成長を加速せよ!根性なしのサボり屋さんの為のSNSを活用した自己成長法

Facebook、Twitter、Instagram…根性なしの一般人はSNSを自己成長のために活用すると良い!

Facebook、Twitter、Instagram、LINE、Youtube…

情報商材屋や、一部Web界隈では、SNSをやたらと金儲けに活用しようとする話が飛び交います。

『コピペで◯億!』みたなバカバカしいものは論外として、実店舗の集客や、売上向上、ブランディングなどに役立つのは確かで、そのSNSノウハウは数年前から競うかのように、次から次へと現れています。

実際に私もFacebook、Twitter、Instagram、LINE、Youtube…といったSNSを、集客やブランド構築の原動力として直接的、間接的に活用しており、多大な恩恵を受けてきた人間の一人でしょう。

ってことでビジネスに効果的なのは既にわかりきっていることで、これまで何度も記事にしてきているわけですが、ここ最近、気づかないうちに、自分が面白いSNSの活用方法を実践していることに気づきました。

無意識にSNSを自己成長のために活用していたんです。

少し大げさかもしれませんが、友人にこの話をすると『確かに俺もそんな感じ!』なんて答えをもらったりすることからも、同じように活用している人は割りと多そうです。

私は尋常じゃないほどの根性なしの上、世界レベルのサボり屋さんです。世界サボり屋選手権なんてものがあれば、8強くらいには入れるかもしれません。

柔道に明け暮れた高校時代ですらも、先輩から『お前の全身の毛穴からサボリ虫が顔を出している』とまで言われました。

そんな私も、このSNS活用のおかげで趣味を継続させ、自分を成長させることに成功している実感を感じています。

今回はそんなSNS活用のお話。

ライザップはなぜ痩せるのか? 人間は管理してもらうことで脅威的な力を発揮する!

以前、ライザップの体験記事を書きました。

これがライザップの真実だ!実際に通ってわかったライザップのウワサの真相を暴こうじゃないか!

ライザップに通ったおかげで、私は23kgの減量に成功し、今の所リバウンドも無く順調に過ごせています。

上記に記事にその過程はバッチリ書かせていただきましたが、これまで数々のダイエット方法に敗北してきた私が、なぜライザップだけはうまくいったのか?

ライザップはなぜあんなにも、ダイエット成功者を産めるのか?

その要因は多々あるとは思いますが、一番のポイントは間違いなく『トレーナーの管理』があったからだと思います。

ライザップでは死ぬほど親切なトレーナーが親身になって管理してくれるんです。

成功要因はココ!
ライザップ以前、自分の意志で戦ったダイエットは全て敗北しました。一時的には痩せても数ヶ月すればすぐ元通り。リバウンドしてしまう。

これって全部、一人の力でやっていたからなんだと思います。

人間の意志の力なんてたかが知れています。

オリンピック選手やノーベル賞学者ならともかく、一般人の意志の力なんて期待すべきモノでは無いんですよ。誰しもみんな根性なしなんです。
日本の小学生は6年間で5645コマも授業を受けます。

1年生 850 コマ
2年生 910コマ
3年生 945コマ
4年生 980コマ
5年生 980コマ
6年生 980コマ

合計5645コマ

(小・中学校の授業時数に関する基礎資料より – 文部科学省)

恐ろしい授業数ですよね… その上ほとんどの児童が、塾や家庭での予習、復習もやっている。

実は小学生って、めちゃくちゃ勉強しているんです。

これも学校と親の管理の力です。

大人だって無理なのに、遊びたい盛りの6歳から12歳の子供の意志の力だけでこんなにもたくさんの勉強をさせることができるでしょうか?

絶対不可能なはずです。

child-316511_640

人間は自分に甘い生き物。管理されないとすぐサボる。

でも、一度しっかりとした人、システムに管理さえしてもらえば、驚異的な力を発揮するのもまた人間の特徴なんですよね。

『成功の要因は管理してくれる人の有無』

これに尽きると思うんです。

『SNS管理システム』で自己成長を加速せよ!

長々と理屈を述べてしまいましたが…

つまり!

人間は管理されることで、驚異的な力を発揮します。

だから、

しっかりとした人、システムに管理される仕組みさえ作ってしまえば、自己実現、自己成長は急速に加速するのです。

そうは言っても胡散臭いコーチのコーチング(この4〜5年で驚異的に増えた、自分すら成功させていない自己啓発系インチキコーチ…)なんて嫌ですし、、高額なパーソナルトレーナーをつけるのもなかなか大変。

そこで『SNS管理システム』の出番なわけです。

私も最近まで無意識でやっていたのですが、これがスゴイ効果を発揮しており、今まで続かなかったこと(趣味の技術向上や、運動、勉強など)が自然と継続できるようになり、どんどん成長を感じられるようになってきました。

では『SNS管理システム』って何なのでしょうか??

『SNS管理システム』とはSNSに投稿・報告をすることで友達やフォロワーの協力をもらい、義務感と強制力を得るなどの仕組み

私は今年に入り趣味をガツンと増やしています。

やっていることは多数あるのですが、メインは以下の3つ。

・格闘技
・ウクレレ
・手賀沼の研究→仕事に昇華されつつあり…

つまりは日常的にジムに通って鍛錬したり、自宅ではウクレレの練習に励み、空き時間に手賀沼の資料や書籍の読み込みをしたり…

と、活動している訳ですが、大好きな趣味であれど忙しい仕事の合間にジムに通ったり、楽器を練習したり、資料や書籍で勉強するのはまぁ面倒になりがちです。

そこで、私は無意識にSNSを活用し、友達の協力をもらうことで、自分を律するようになっていました。

これを『SNS管理システム』とでも呼んでおきましょうか。

手順は以下の通り。

1、目標をコミットし
2、経過を報告し
3、結果も報告する

これをSNS上で展開することで『見られている感、恥をかきたく無い感』から、自然と義務感と強制力を獲得し、自分を管理できるようになっていったんですね。

これは中々の効果でした。

1、まずSNSで目標をコミット!義務感と強制力を得る!

スクリーンショット 2015-10-28 14.55.17

コミットすることで、自らに義務感が生じます。公の場で公開しちゃったものだから、友達にも『そういえばどうなった??』とか、『アレってまだ続けてるの?』などと、時々聞かれるわけです。

そうなると『やっぱりダメだったわ…』とか、『実は辞めちゃったんだ…』とか言いたく無いじゃないですか。カッコ悪いことはしたくないし、言いたくない。だから頑張れるようになるのです。

それだけじゃなく、コミットしておくことで、自分よりも技能が高かったり、先を言っている人にアドバイスをもらえることもあります。

これも嬉しいポイントですね。

2、経過をSNSで報告し甘えに打ち勝つ!記録することで成長を感じる!

スクリーンショット 2015-10-28 14.56.04

経過報告の投稿を時々することで友達にも忘れられずに済みます。忘れられないので、継続的にツッコミをもらえます。経過報告をしないと、友達にも忘れられ、自分の中で『無かったこと』として処理したくなる甘えが出ますから。

また、自分の成長状況を投稿という形で記録することによって、自らの成長を感じ取ることもできます。過去の投稿を見て、『あの頃はこんなことで悩んでいたんだ…』とか、『うわっ!ダサッ!』とか感じることができれば、成長の証拠。

時々過去の投稿を振り返ること自体楽しいものです。

最近のFacebookは、ニュースフィードに『Facebookでの過去の思い出』というのが表示されています。「◯◯さんの Facebookでシェアした2年前の投稿を振り返ってみよう。」っていうアレです。

あれって過去の自分と、今の自分を対比できて面白いですよね^^

少し話が逸れました…

私はウクレレもやっていますが、楽器上達には自分で自分の音を聞くことは成長に不可欠。Youtubeに限定公開で自分のウクレレ演奏をアップし、チェックしたりもしています。

スポーツが趣味の人は動作フォームなどの記録にもYoutubeは役立ちますね。

客観的に自分を見る機会を設けることは、趣味だろうが、ビジネスだろうが、どんな分野でも成長に欠かせない行為です。成長の確認です。

自分の成長を感じると、強いモチベーションとなり、継続する意欲や楽しさが増していきます。

そうそう、経過の報告ってストーリーとして、コミットと結果をつなぐので、ファンづくりにも役立ったりするんですよ。

人の成長を追いかけるドキュメント番組ってのめり込んで見ちゃうでしょ。あの感じです。

だから経過報告ってのはすごく大事ですね。

3、結果をSNSで報告することにより → 叱咤激励をもらう!

スクリーンショット 2015-10-28 14.56.51

コミットに対する結果もSNSで報告します。

うまくいった場合は、友達やフォロワーが褒めてくれるはずです。

人間褒められりゃ社交辞令だとしても嬉しいもの。承認欲求を満たし、さらなる成長や継続への意欲が湧いてきます。

また、結果が思うように出ない時も、友達やフォロワーが励ましてくれます。励まされれば『次はやらなきゃ!』という気持ちも湧いてくることでしょう。

こういう時って本当に友達の素晴らしさを感じますね。人間ひとりでは何もできませんが、仲間の存在は人生を大きく支えてくれるものですね。
このように、友達やフォロワーにSNSを通じて見ていてもらうことで、義務感と強制力を得るだけでなく、自分の成長を感じ、仲間の叱咤激励を受けることができます。

これにより自分の弱い心を律して『結果』を生み出すことができるんです。

これは趣味だけじゃなく、ビジネスにも活用し、自己成長につなげることができるのではないでしょうか。

初心者ブロガーも、PVやKPIの数値を事前にコミットして、経過報告→定期的に結果報告…とやっていけば、きっと結果につながると思うんですよね。

さらに!ライバルをフォローすることで競争意欲を高める!

上記の手法だけでも十分に効果は得られると思いますが、更に効果を高める方法として、

『ライバルや、同期をフォローする!』

という方法もあります。

ライバルや、同期のSNS上の投稿をチェックしたり、お互いにコメントで叱咤激励を行うことで、競争精神を育み、更なる高みへ自らを誘うことができるでしょう。

ただし…

必要なのは叱咤激励。ケンカはしないように注意したいところです(笑)

まとめ

まぁそんな感じで、『SNS管理システム』などと、大げさに書いてみました。

しかしながら、実際にSNSへの投稿を活用し、友達やフォロワーの協力を得ることで自分を律していくという行為は、管理されないと前に進めない意志の弱い根性なしの私にとって、大変効果の高い自己成長法であると感じています。

実際に私のお客様にも話したところ、似たような形で使っているという人が意外にも多く、これって一つのノウハウでもあるんじゃないか?

と思い、記事にしてみました。

やっぱり人間は根性なしの動物。

人から見られていることを意識しないとなかなか動けないもの。ちょっと意識して、こういったSNSの活用をしてみると、想像以上に自己成長できると思いますよ。本当に。

ビジネス活用以外にも、SNSの効果効能は非常に大きいなぁと感じた事象でした。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)