売れる情報発信の仕方とは? | ネットメディアやSNSで何を発信すれば良いのか?

SHIO88_aburaenogu20130804500

あなたは”誰から”買いたいですか?

こんばんは!
マーケティング・コンサルタントの落合正和です。

商品が溢れる今の時代は、顧客は『誰から買うか??』を選ぶことができます。

この”誰から”がビジネスにおいて、とても重要になってきます。

たくさんの人が同じ商品を売っており、ネットを使えばお店まで行く必要も無いこの時代では、当然、自分が共感する人、共感するお店から買いたいと思うのが自然の流れです。

では共感を得るにはどうすれば良いのでしょう?

人はどこに共感するのでしょう?

今日はそのあたりを解説していきます。

独自の世界観を発信する

ネット戦略での”共感”の重要性はいつも述べている通りです。

ここでも詳しく述べています。
オバマのネット戦略に見る、これからのコミュニケーションのあり方

読者やお客さまは、何に”共感”を得るのでしょうか?

これは、その人、お店の個性や独自の考え方、主張です。あなた独自の色です。

個性や主張が尖れば尖るほど、お客さまは集まります。

逆に、嫌われたくないがために、大衆受けしそうなことばかり言っていると、誰にも共感されなくなります。

尖る=個性や世界観が出ている

ということですね。

つまり、今の時代のビジネスは、あなた独自の世界観、お店独自の世界観の構築が必要なのです。

ディズニーも、Appleも、ルイヴィトンも、みんな独自の世界観を持っています。

ブログやSNSの投稿も同じです。

あなたの世界観を配信していきましょう。

世界観の発信が共感を呼ぶのです。

落合はこう思う!

強く主張したり、自分の考え方を公表するのは、とても勇気のいることかもしれません。

でも、これからの時代は、それが出来ない人は淘汰されていってしまいます。

そして、世界観の構築、発信には、もう一つ大きなメリットがあります。

人に合わせること無く、自分の考えや主張、独自の世界観を情報発信していくと、あなたに共感する人だけが集まり、嫌なお客さまや、合わないお客さま、クレーマーはどんどん減っていくのです。

一歩踏み出してしまえば怖いことはありません。

恐れることなく、世界観を構築し情報を発信していきましょう。

「大衆受け」は捨て去りましょうね。

※YouTube戦略に限っては全く逆の考え方が必要です!これについては、また後日。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

5 件のコメント

  • 熊本地震で被災したのですが、今家に入れず車生活です食料が無く夜とかに避難所の下益城城南中学校に食料貰いに行くのですが食料が少なく、出来ればもう少し食料を送って頂けたらありがたいです、どうか、どうか、お願い致します

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    落合正和

    マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)