仕事の出来る人は「ちょっといいもの」を使ってる…の法則

lCg8oSTRl82ieZ1M5J9xUMUKPNHkHz2bx_KgLOdiBgY

「あっ…この人仕事できるんだろうな…」と思う人を観察すると…

起業して8年。長いこと事業をやっていると、だんだん「人を見る目」というものが出来てきます。

特に私のようにたくさんの人と会う仕事だと、自分なりに、「あっ…この人仕事できるんだろうな…」「なんかダメそうな人だな」と心の中で判断してしまう時があるものです。

あなたにも、そんな経験あると思います。

で、「仕事が出来る人なんだろうなぁ」って人をよく観察すると、共通するのが「ちょっといいもの」を使ってるってこと。

・財布
・筆記用具
・クツ

仕事の出来る人は、持っているアイテムが「ちょっといいもの」で揃ってます。

これが、「超高級品!」とかでは無く、「ちょっといいもの」なんです。

そして、「ちょっとしたこだわり」のある人が多い気がします。

ホリエモン「パンツは自分で買え」

ホリエモンなんかも以前著書で、以下のように述べていました。

「パンツは自分で買え。2枚1000円で売っている、ユニクロのパンツでもいい。自分の身に着けるものを、自分の感性で選ぶという思考の機会を失ってはいけない。ドン・キホーテに行けば、D&Gやアルマーニといった名だたる高級ブランドのパンツだって3000円程度で手に入る。君の収入からすれば、贅沢品に該当するだろうが、高級ブランドを身に着けることで、意識は確実に変わるだろう。たった3000円の投資効率としては悪くない。」

man-502251_640

これ、凄く共感するんですよね。

「ちょっといいもの」を使うのって、セルフイメージを高めて、仕事の質が良くなる気がするんです。

だから私も、筆記用具に100円のボールペンとかは使わないようにしています。

今、メインで使っているのは二万円弱のWatermanの万年筆。

万年筆としては高いほうでは無いけど、使っているとやっぱり、

・字はキレイに書こうと思うし
・大切にするから身の回りを整理整頓する

スーツなんかも今は安いお店では1万円とかでも買えたりするけど、私はちょっと頑張って10万円弱くらいのものを買うようにしています。だから、

・シワにならないよう、毎回丁寧にハンガーにかけるし
・着ている時はシャキッと姿勢よくなる

ほら!

効果出てるでしょ。

それに、「ちょっといいもの」はだいたい長持ちするし、結果的に費用対効果は高かったりする。

「ちょっといいもの」を使ってると、仕事の出来る人になる、逆に仕事が出来ない人の特徴は安物を使う

「ちょっといいもの」を使うようにすると、心が変わるんですよ。

そして…

心が変われば、態度が変わる
態度が変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
運命が変われば、人生が変わる

↑は、あなたも聞いたことあると思います。

多くの人を観察していて、”仕事の出来る人は「ちょっといいもの」を使ってる…の法則”を見つけたけれど、きっと本質的には、”「ちょっといいもの」を使ってると、仕事の出来る人になる”ということなのでしょう。

100円ショップのものばかり使っていたら、心は変わらないよね。仕事が出来ない人の特徴を観察をすると、やっぱり安物を雑に使っている。

無くしても痛くないモノだから、ついついダラシなくなってしまう。

なので…、ちょっと無理してでも「ちょっといいもの」を使うことをオススメします。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)