ユーザー数の伸び悩みに苦しむTwitter Googleリアルタイム検索復活で再起へ!?

twitter-566341_640

ユーザー数に悩むTwitterとGoogleが提携合意!リアルタイム検索復活!

久しぶりに面白いニュース!TwitterとGoogleが提携合意したそうです。

これによりリアルタイム検索の復活が報じられています。

Twitter と Google が 提携合意、リアルタイム検索が復活

↑クリックしなくて良いように、カンタンに解説しますね。

1、TwitterとGoogleが提携に合意したよ。リアルタイム検索復活するかも。

2、2009年〜2011年にも提携していたけど、Twitter社は経営に口出しされるの嫌で契約更新を拒んだよ

3、リアルタイム検索があれば、Twitterやってない人にも広告見てもらえそう。

4、Googleはリアルタイムの情報を得られると、検索順位の参考にもできそう。

5、再び両社が手を結ぶことになったよ。

まぁこんな感じです。

google-76518_640

Twitterのユーザー数が伸びていないことが提携合意に影響か?

この提携の裏を読むと…(落合の私見です。)

Twitterのユーザー数の伸びが大幅に鈍化しているという背景があります。

Twitterの2014年第4四半期の決算報告によると、Twitterのアクティブユーザー数は、現在2億8800万人(MAU)。

昨年同時期と比べると、400万人しか増えていません。

SNSが多様化し、新たなサービスがガンガンユーザー数を伸ばしている中、僅か2%増は、世界的知名度を誇るSNSの老舗としてはなんとも寂しい数字。

一度は契約更新を拒んだTwitter社。今回のGoogleとの提携には、この数字が大きく影響していそうです。

Googleとの提携は、Twitterのユーザー数を伸ばす決め手になるか?

Twitter社の目論見は恐らく、”Google検索によるサービスをまだ利用していない人へのリーチ”が直接ユーザー数を伸ばすということでは無く、リアルタイム検索からの広告ビューの増加や、Google社からの直接の収益かと思います。

日本では昨年、Twitterと吉本興業の提携も話題になりました。

1月には新機能「Twitter Video」をリリースし、視聴率に変わる新たなTV指標「Twitter TVエコー」の開始、テレビ視聴者のニーズに合わせたターゲティング広告を行う「TVターゲティング」も準備するなど、今後のTwitter社はテレビとの融合にも力を入れていくようです。

あの手この手と新しい動きを見せるTwitter。

今後の動きが楽しみですね。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)