レイバン!?あなたにも忍び寄るツイッタースパムの対策と撃退方法!

a0790_000645_m

 レイバン!?あなたにも忍び寄るTwitterスパムの対策と撃退方法!

※ちょっとだけ追記しました。

スクリーンショット 2015-03-10 16.20.04レイバンスパム被害が猛威を奮っています。

こんばんは!
マーケティング・コンサルタントの落合正和です。

今日は青空の下、CAFE AGORAで仕事をしています。

さんさんと降り注ぐ太陽の下で仕事をすると、脳も活性化され、やる気が増幅するように感じます。

今日はコンサルティングとミーティングの2本立て。頑張ります^^

写真 (2)

今、「レイバン」ツイートを中心とした、Twitterスパムが大流行しています

このところ、ツイッタースパムが増え続け、多数の被害者を産み出しています。

以前は、DM(ダイレクトメッセージ)を使ったスパムが流行していましたが、ここ最近はアプリを使ったスパムも増え、大流行してしまっています。

このアプリ型ツイッタースパム、ひっかかってしまうと、勝手にツイートやDMが送信されたり、勝手に他人をフォローするといった悪質な動きを見せているようです。いわゆる乗っ取りです。

怖いですね、レイバンの投稿ならまだしも、勝手にアダルトサイトをリツイートしていたり、友達にエロサイトURLをダイレクトメッセージされたりしたら、たまったものではありません。

 作家の志茂田景樹氏も被害にあったようです。

 

今日はあなたにも忍び寄るツイッタースパムの対策と撃退方法についてお伝えいたします。

【乗っ取り】アプリ型Twitterスパムの傾向と、その手口【レイバン】

では、このアプリ型ツイッタースパムとは、どのようなものなのでしょうか?

その特徴を挙げると、

・気になってしまうキャッチーな内容のツイートを発信

つい気になってクリックしたくなってしまうような、キャッチーなツイートを発信し、クリックを誘導するスパムアプリ。芸能ネタ、ゴシップネタが多い。

・診断系スパムを発信

「◯◯診断」「この画像何だか分かる?」「もしあなたが◯◯だったら?」こちらも言葉巧みに面白そうな診断ゲームをすすめ、クリックを誘導します。

これでクリックしてしまうと、アプリ認証を求められ、承認すると、勝手にツイートやDMが送信されたり、勝手に他人をフォローするといった迷惑行為が行われてしまいます。

スクリーンショット 2014-05-31 15.52.21

アカウント乗っ取り!ツイッタースパムへの対策方法と戦い方

それでは、この猛威を振るうツイッタースパムに、どのように立ち向かえば良いのか?

その対策方法と、戦い方をお伝えしていきます。

1、アプリ連携の許可は絶対にしない!

アカウント乗っ取り系のスパムは大概このアプリ連携の手口です。信用できるサービス以外のアプリ連携は認証しないようにしましょう。怪しげなリンクが記載されたDMが来てもクリックしないように!

2、友人のアカウントも信用するな!

友人のアカウントがスパムに感染し、勝手にスパムツイートを配信しているケースも考えられるので、注意が必要です。特に診断系アプリのスパムは、友人を経由してパンデミックを起こすケースがほとんど。注意してください。

3、もし被害にあってしまったら、即座にアプリ連携を解除!

もしスパムアプリとの連携をしてしまっても、Twitterの設定画面から連携を解除できます。

画面右上の歯車のマークをクリック ⇒ アプリ連携 ⇒ 許可を取り消す

スクリーンショット 2014-05-31 15.59.59

スクリーンショット 2014-05-31 16.00.26
連携することでパスワードを抜き取るスパムも存在します。パスワードの変更も、忘れずにやっておきましょう!また、他のサービスと同一のパスワードで管理するのは大変危険です。(例 TwitterとFacebookのパスワードが同じ…など。)

※スマホからは設定できないケースもあります。ブラウザで開いて操作するか、PCを使いましょう。

4、スパムアカウントは通報せよ!友達なら教えてあげましょう。

スパム行為をしているアカウントを見つけたら、Twitter界の平和と、他のユーザーを守る為にも運営側に通報しましょう。(友達なら教えてあげましょう。)

以下の手順で通報が可能です。

Twitter Help Center より … スパムを通報する方法

1.スパムアカウントのプロフィールにアクセス
2.人型アイコンをクリックして、ドロップダウンのアクションメニューを表示
3.[@username さんをスパムとして報告] をクリック

 

まとめ

まぁ大げさに危険をあおったつもりはありませんが、要するに

・不用意にリンクをクリックしない
・アプリ連携を不用意に認証しない

これを徹底すれば、被害を防ぐことはできます。

しかしながら、普段それほどネットに親しんでいない人などは、ついうっかり油断をしてしまい、被害に遭ってしまうことが多いです。

まわりに心配な方がいましたら、ぜひこの記事を見せてあげてくださいね^^

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)