Yahoo!メールユーザーがGmailに乗り換えるべき5つの理由

5a2797bda74dae4a9a4374ab7de4b776_s

Yahoo!メールで致命的な大規模障害が発生!

すでにかなりの話題になっているが、Yahooメールで大規模障害が発生している。

約400万ものIDにてメールが受信できないという障害。

現在、徐々に復旧しはじめたようですが、障害が発生してから、これまでの期間の約4日分のメールはユーザーに届いておらず、そのまま行方不明になってしまいそう。

中には仕事に使っている人も多いと思うが、これは大打撃だろう。

悩んでいる人も多いはずだ。

N912_atamawokakimushiru500

そこで今日は、現在Yahoo!メールを使っているユーザーに向け、Gmailに乗り換えるべき理由をお伝えしよう。

大変便利なGmailの素晴らしさを伝えよう!

今回の件について、Yahooは、「アクセス障害の原因はサイバー攻撃などではなく、社内のハードウエア障害」と説明しているが、詳細な原因の特定については、まだ発表されていない。

この件で「Yahoo!メールはもう信用できない!!」

という人も多いだろう。

そこで私は乗り換え先として、Gmailをオススメする。

私はこれまでず〜っとGmailを使っており、信頼し、愛している。

同じ無料のメールサービスでも、中身は大いに異なっている。

大変便利なGmailの素晴らしさを伝えよう。

Gmailに乗り換えるべき5つの理由 〜ヤフーメールと比較してみた〜

意味不明な利用停止が無い

私がYahoo!メールを嫌う、一番の理由がこれ。

Yahoo!メールは過去6か月間利用しないと、メールアドレスが利用停止される。

1度メールアドレスが利用停止されると、メール、フォルダ、添付ファイル、詳細設定はすべて消去されてしまう。

そして、消去された情報・設定を復旧することはできない。

なかなか6か月間も利用しないことが無いだろうから、これを知らない人は多いが、サブのメールアドレスなどの場合、しばらく見ないことが多いし、なにより全部消されるってのが許せない。

Gmailにはそんな意味不明な利用停止が無い。

サブのアドレスで使っても安心だ。

余計な広告が入ってこない

Yahoo!メールのメールボックス脇には派手で邪魔な広告表示が必ず出てくる。

これがチカチカと鬱陶しくてしょうがない。

Gmailの広告は大変控えめ。Gmailのシンプルなデザインを邪魔しないようにひっそりと表示されている。広告に気付かない人も多いだろう。

メールボックスの保存容量が大きい

もうそもそもスペックが違う。

私のようなヘビーユーザーは、どうしても容量を気にしてしまう。

Yahoo!メールは最大10GB。Gmailは最大15GB。

Google Drive、Googleカレンダーなどの各種Googleサービスとカンタンに連動させることもできる。

使い勝手がまったく違う。

スマホ、タブレットでの使いやすさ

まず、対応しているアプリの数が桁違い。

圧倒的にGmailのほうが対応されている。

また、モバイルサイトのユーザーインターフェイス美しさもGmailに軍配があがるだろう。

比較して使ってみるとホントよくわかる。

迷惑メールフィルタの精度が高い

Yahoo!メール、Gmail、双方を長く使って感じるのがココ。

Gmailのほうが、迷惑メールフィルタの精度が高い。

両方使っている人はみんな同じ意見だと思う。

振り分けの設定もGmailのほうがラク。

今こそGmailへ乗り換えるべきタイミングだと思う

いろいろと比較を書いてみたが、ここに書いたのは比較対象としてわかりやすい部分だけ。

細かいことを言えば、まだまだたくさん出てくる。

それだけGmailのほうが優れていると、私は感じるし、実際に多くのユーザーが思うところだろう。

今回のYahoo!メールの大規模障害は本当に致命的だ。

乗り換えるべきタイミングだと思う。

ぜひこの機会に検討することをオススメする。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)