さぁ稼げ!新サイト『YouTubeクリエイターになろう』が公開!

スクリーンショット 2014-10-07 19.24.45

「YouTubeクリエイターになろう」新サイト公開!

Googleが「YouTubeクリエイターになろう」という新サイトを公開した。

このサイトは、YouTubeクリエイター、つまりはユーチューバーになるために必要な情報をまとめたサイト。

※ユーチューバー(YouTuber)とは
YouTubeの広告収入で稼いでいる人。HIKAKIN、マックスむらい、なんかが有名。

スクリーンショット 2014-10-07 18.30.51

これまでもYouTubeクリエイターハンドブックという、ユーチューバーの指南書のようなものがあったが、素人には少し難しい内容だった。

今回はそれの敷居を低くしたカンジだ。

YouTubeの収益化の仕組み、YouTubeクリエイターになるためのサポート、YouTubeクリエイター の紹介などがわかりやすく紹介されており、サイトの構成も見やすく親切だ。

まだ現段階ではコンテンツは少ないが、今後はおそらく充実していくものだと思う。

スクリーンショット 2014-10-07 18.40.14

メールによる情報配信まで実施!

スクリーンショット 2014-10-07 18.34.32

YouTubeも本格的にユーチューバーの育成に力を入れてきたと言えるだろう。

求められるユーチューバーたち 〜 HIKAKINの台頭 〜

日本でトップを走るユーチューバー、HIKAKIN氏は、ヒューマンビートボックスという特技を武器にYouTube動画で大ブレイク。

今では年収1億を超えるとまで言われている。

YouTubeでのブレイクをきっかけに、アンファーのテレビCMにも出演。

その後はマスメディア、イベントなど引っ張りだこだ。
現在はテレビ、新聞を見ない層が増えてきたことで、企業やマスメディアも、既存の広告などでは情報が届けられないことに悩んでいる。

そこでユーチューバーを抜擢し、手の届かない層へのアプローチを始めた。

さらに、多額の費用を必要とするテレビCMや新聞広告と違い、ユーチューバーや、YouTubeそのものの広告を使うことで、広告費を抑えることもできる。

今ではuuumというユーチューバー専門のネットタレントプロダクションまで存在するのだ。

 

YouTubeは今、間違いなくチャンスが来ている!

ユーチューバーらを紹介するテレビCMも初めているあたり、Googleもかなり本気だろう。

と、いうことは今、まさにチャンスというわけだ。

コンテンツに自信がある人はぜひこの機会にチャレンジすると良い。

Webサービスの攻略って、タイミングがあるからね。

私も小さいながらFacebookブームで利を得た一人。大事なのはタイミングだ!

このサイトで情報を得て、本気で取り組むことをオススメする。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)