GoogleのAI搭載メッセージアプリ「Allo」とは?基本的な使い方も少々解説!

Googleのメッセージアプリ「Allo」がリリース!少々使ってみたので、その使用感などをご報告。

巷にはメッセンジャーアプリorチャットアプリが氾濫する時代になってきましたね。

そんな中、Googleが人工知能(AI)を搭載したメッセージアプリ「Allo」をリリースしました。

従来から存在するハングアウトを進化させるでも無く、新規リリースしちゃうところがGoogleらしいところ。

SNSにおいても、Google+があるのにGoogle Spaces出したり…

Google BuzzとかGoogle WaveなんてSNSもあったんですよ。もうすっかり忘れ去られていますが。。。

ビデオ通話アプリ「Duo」だってリリースしたばかり。←コイツだって1000万ダウンロードされてますからね。

同じ分野でも次から次へと新しいサービスをリリースしちゃうスゴイ会社ですね。Googleさま。

話を戻しまして、このAI搭載メッセージアプリ「Allo」は、グーグルアシスタントに対応したアプリになっています。

もちろんグーグルアシスタントと1対1で会話することもできますし(ざっくり説明するとSiriのテキストチャット版みたいな感じ)ユーザー同士のチャットも可能。ユーザー間のチャット中にグーグルアシスタント利用することもできます。

今回は、このGoogleのAI搭載メッセージアプリ「Allo」を少々使ってみたので、その使用感などをご報告。

日本語はまだ未対応もグーグルアシスタントには期待大!

「Allo」がこれまでのチャットアプリとは違う点は、AI搭載のメッセージアプリということ。

グーグルアシスタントが、チャットを通じて、ウェブ検索と同様の基礎的な情報や、過去のユーザーとのやり取りから導き出されたお勧め情報等を教えてくれる。つまりAIがユーザーの好みを学習してくれるわけです。(監視社会だー!と怒る人いそう… くだらん、、)

まぁいずれにしても使い込んでからAIが力を発揮するカタチかと思いますので、まずはダウンロードして使ってみることにしました。

まずはApp Storeからアプリをダウンロード。(もちろんGoogle PlayでもOK!)

unspecified-11

Googleアカウントやら、SMS認証やら、プロフィール写真の設定やらを一通り終えると(キャプチャ撮り忘れ)

シンプルなトップページが。

img_4703

チャットを始めるのはカンタンで、ここから会話をしたいユーザーを選択するだけ。LINEやFacebookメッセンジャーを利用したことがある人であれば、何の違和感も無く利用できるでしょう。

トップページから【Google Assistant】を選択すれば、グーグルアシスタントと1対1で会話することもできます。もちろん通常のチャットアプリ同様、ユーザーを選択すればユーザー同士のコミュニケーションが楽しめます。

と、いうことで早速、グーグルアシスタントと会話してみました。

最初に位置情報を確認。

img_4704

現段階ではグーグルアシスタントは日本語が苦手なようで、基本的には英語での会話になります。そうは言っても難しい英語は使ってこないのでご安心を。

そうすることで、天気やスポーツの結果など、さまざまな情報をグーグルアシスタントから貰えるようになります。

unspecified-13

私はとりあえず、毎朝9時に天気予報を貰えるようグーグルアシスタントにお願いしてみました。

unspecified-12

そうそう、スタンプもちゃんとありますよ〜

unspecified-4

ちなみにこのグーグルアシスタント、まだ日本語には対応していません。

unspecified-14

 

Alloそのものは日本語対応済みですし、ユーザー間の利用は日本語でコミュニケーション可能です!

近いうちに日本語も対応になることでしょう。そうなればより使い方の幅は広がりますね。実に楽しみです。

「Allo」でユーザー同士の会話に、グーグルアシスタントを介入(参加)させる方法 〜チャットのテキストの中に「@google」を入れるだけ

上記でも述べた通り、「Allo」ではユーザー間のチャット中にグーグルアシスタント利用することもできます。

つまりこんなことが可能なわけです。

Aさん
明日バーベキューやろうよ!
Bさん
いいね〜でも天気は?そうだ、グーグルアシスタントに聞こう!
Bさん
@google 明日の天気教えて!
Allo
台風来まっせ…

みたいなことができるわけです。

実際の画面ではこんな感じ。

unspecified-3

どうでしょう?

ユーザー同士の会話の中に、グーグルアシスタントがしっかりと介入してくれています。

けっこう面白いでしょ?

こういった使い方の他にも、近くのレストランを聞いたり、オススメの観光地を聞いてみたりと、さまざまな使い方ができそうです。

ちなみに、ユーザー同士の会話の中にグーグルアシスタントを介入(参加)させる方法は、チャットのテキストの中に「@google」を入れるだけ。

「@google」の後に用件を伝えれば、即座に反応してくれます。

unspecified-9
Hey! Siri みたいなもんですね。

うん、便利「Allo」楽しいぞ「Allo」

「Allo」でチャットの文字(テキスト)の大きさを変える方法 〜大声や小声を使う方法〜

「Allo」ではチャットの文字(テキスト)の大きさを手軽に変えることができます。

unspecified-5-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

App Storeの「Allo」アプリの説明欄では、大声、小声と表現されていました。

この手法もすごくカンタンです。

テキストを送信する際に使う、紙飛行機のマークをグイ〜っとドラッグ(タップしたまま離さずに指をずらす)するだけ。

unspecified-5

こういった機能で、より感情表現豊かなコミュニケーションが可能になりますね。

「Allo」ではスナップチャットのような”消えるメッセージ”でのコミュニケーションも可能!

「Allo」ではシークレットモードを使うことで、スナップチャットのような“消えるメッセージ”でのコミュニケーションも可能になっています。

“消えるメッセージ”の使い方は以下の通り。

1、まずはトップページ右下の吹き出しのマークをタップ!

unspecified-7

 

2、次に【シークレットモードをのチャットを開始】をタップ

unspecified

 

3、次に、連絡先のユーザーを決めると以下の画面が表示されます。画面右上にある時計のマークをタップすると、メッセージが消えるまでの時間を設定することができます。

unspecified-1

ここをタップして…

4、チャットの有効期限(消えるまでの時間)を設定します。

unspecified-2

あとは普通にメッセージを送信するだけ!

送信されたメッセージは、あなたの指定した時間に消えてしまいます。

まとめ

当初ブログに書くつもりじゃ無かったので、だいぶテキトーな記事になってしまいましたが、なんとなく雰囲気は掴んでいただけたのではないでしょうか。

とっちらかった記事になってしまい、申し訳ございません。

上記で紹介した機能以外にも、画像に落書きしたり、グループチャットをしたりといった、他社のチャットアプリにも存在するような、基本的な機能はだいたい使えるようになっています。

また、他のGoogleサービスと連携させることで、Googleカレンダーの予定をチャット上で確認したり、Google Mapを直接チャット上に送信したりすることも可能です。非常に優秀な高機能チャットアプリと言えるでしょう。

これだけ立派なツールなのでガンガン使っていきたいところですが、チャットアプリってのは相手ユーザーありきのもの。私ひとりで使っているんじゃ寂しい限りです…(グーグルアシスタントとお話することも出来ますが。。)

ぜひ多くのユーザーに普及して欲しいものですね。

ただ、Google社はメッセンジャーやSNSって苦手分野なんですよね〜

ちゃんと普及するだろうか??

そこらだけが心配です。

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。