TBS『白熱ライブビビット』に出演、日刊スポーツ、週刊プレイボーイ、ビジネスジャーナルにインタビュー記事が掲載されました




恒例のメディア掲載報告です。

直近のメディア露出について、ご報告させていただきます。

今回は、

・TBS『白熱ライブビビット』

の出演、

・日刊スポーツ
・週刊プレイボーイ
・ビジネスジャーナル

への掲載についてお伝えいたします。

毎回書いているわけではありませんが、過去のメディア出演記事はこちらから↓↓

■NHK『首都圏ネットワーク』、フジテレビ『めざましテレビ』に出演いたしました
■ニッポン放送、八木亜希子「LOVE&MELODY」 に出演しました!
■『R25』、『美容業界紙 Men’s PREPPY』、『テレビ朝日 スーパーJチャンネル』、『英字新聞 ジャパン・タイムス』に掲載&出演します 
■日本テレビ『諸事情により』& FMラジオ J-WAVE 「POP UP!」に出演しました
■フジテレビ『みんなのニュース』に出演しました
■SBSラジオ(静岡放送)『朝番長』情報三枚降ろしのコーナーに出演しました。
■佐野氏東京オリンピックエンブレム騒動 メディアでお話した内容まとめ
■ネットリテラシー教育の重要性 TBS Nスタから取材を受けました

TBS『白熱ライブビビット』に出演いたしました

月曜~金曜 あさ8時 TBSで放送されている『白熱ライブビビット』という情報バラエティ番組に出演しました。

国分太一さん、真矢ミキさんがMCをされている人気番組です。

この番組への出演は今回はじめて。

ワイドショーニュースのコーナーで、テーマは

【危険】「SNS観光地」静かな並木道に人が殺到

スマートフォンなど撮影した写真を、InstagramなどのSNSに気軽に投稿できる時代になりました。

もはや観光地でのセルフィーは新しい文化と言っても良いでしょう。

セルフィーとは
自分自身を被写体としてスマホ等のカメラで撮影する行為のこと。観光地などの風景と共に撮影されることも多い。思い出の写真とするだけでなく、SNSなどでシェアすることで、友達やフォロワーと話題を共有するために使われることも。より刺激的なセルフィーを撮影したいが為に死亡事故に至ることも。

こういったSNSでの写真共有により、これまであまり注目されていなかったような土地や施設が、あらたに観光地として注目を浴びるケースも少なくありません。

例を挙げると、

・千葉県木更津市の江川海岸
・千葉県君津市の濃溝の滝
・山口県長門市の元乃隅稲成神社

など、さまざまな場所がSNSを通じて話題になっています。

対象となった地は観光客による経済的なメリットもありながら、ゴミのポイ捨て、違法駐車、騒音、危険な写真撮影などマナーやモラルの問題も多数発生しており、地域住民の悩みのタネにもなっているんですね〜。

今回の出演では、そんな話題をお話しいたしました。

日刊スポーツにインタビュー記事が掲載されました

日刊スポーツの取材では、ネットストーカーについてお話しいたしました。

掲載紙はすでに発売されてしまいましたが、内容はこちらからご確認いただけます。

ネットストーカートラブル多発、線引き難しい芸能人

ネットストーカーについては、過去にこのブログでも取り上げましたが、先日ようやく改正ストーカー規制法案が衆院本会議で全会一致により可決、成立。

これにより罰則が強化されるだけでなく、SNSによる付きまとい等も、新たな規制対象の範囲となりました。

週刊プレイボーイ、ビジネスジャーナルに掲載されました

国内では直近10ヶ月ほどで500万人ものユーザーを伸ばし、月間アクティブユーザー4000万人に達するなど、衰えることの無い人気っぷりを発揮しているTwitterですが、ふと海外に目を向けると、ユーザーの拡大に苦しみ、2013年後半のIPO以来経営不振が続いています。

全従業員8%をもリストラするという噂や、動画共有サービス「Vine」終了も予定され、その苦しみは手に取るようです。

週刊プレイボーイ、ビジネスジャーナルの取材では、そのTwitterの身売り失敗の件や、ユーザーの伸びが鈍化している理由などについて、お話しいたしました。

ツイッター、凋落で大量リストラ…使い勝手悪さ、2ちゃんねる化で有力ユーザ離れ

まとめ

と、いうことで今回は、

・TBS『白熱ライブビビット』
・日刊スポーツ
・週刊プレイボーイ
・ビジネスジャーナル

等のメディア露出についてお伝えいたしました。

TBSの収録時は、ちょうど有線大賞の収録とぶつかった為、多数のアーティストを見かけましたが、だれがだれなんだかさっぱり…

流行についていけていないなぁと感じた次第です。

お声がけいただいたメディアの皆様、ありがとうございました。




仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)