土用の丑!我孫子・手賀沼で鰻を食べるなら「西周」が美味しいよ!

スポンサーリンク



我孫子駅からも7〜8分程の距離、手賀沼を望む高台に在る、老舗鰻店「西周」でうなぎを楽しむ

土用の丑の日…

には数日ズレてしまったのですが、先日、手賀沼すぐ近くの鰻屋さん「西周」さんで、うなぎをいただいてきました。

土用の丑の日とは、「土用」つまり立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の中で、「丑の日(昔の十二支での日にちの数え方)」にあたる日を言うのね。昔、平賀源内というオッサンが、旬から外れて人気の無い夏の鰻を無理矢理売るために発案した販促キャンペーンが根強く残っており、現在でも夏の土用丑の日には、うなぎを食べる風習があるんですね。200年以上続く販促キャンペーン!恐るべし平賀源内。2017年は、7月25日、8月6日がそれにあたる。

実は私はうなぎが大好物!土用の丑も関係なく、毎日でも食べることができます。

炭とタレの香ばしい香り。ふっくらほっくりとした肉厚の鰻の旨味。季節なんて関係ありません。私には。

と、いうことで、今回は、手賀沼を望む高台にある人気鰻店「西周」さんをご紹介いたします。

ここ、全力でオススメします!

江戸時代、手賀沼の鰻は日本一だった!現在も手賀沼湖畔は鰻激戦区!

古く江戸時代〜昭和20年頃までは、手賀沼といえば鰻の有名な産地でした。

「手賀沼のうなぎは極上!日本一!」とまで言われ、江戸の鰻屋でも珍重されていたんですね。

その影響から、現在でも手賀沼湖畔には多くの鰻屋さんが残っています。

しかしながら、かつては年100トン以上収穫できた手賀沼の鰻も、江戸時代から続く干拓による内水面の縮小、昭和の水質汚染などの影響で、現在では手賀沼産の鰻を食べることはできません。

手賀沼の干拓…洪水の防止や新田開発の為、江戸時代初期(寛文11年 1671年)から干拓工事が開始。度重なる洪水で幾度も工事は失敗。井沢為永による享保の干拓、老中田沼意次による天明の開墾など、幾度も干拓工事を行いますが成功せず。干拓事業が終了したのは、なんと昭和43年。

今でも年1トンほどならば獲ることができるようですが、2011年に起きた福島第一原子力発電所事故の影響で出荷を自主規制しているようです。

時々釣り人が釣り上げることもあるようですね。

そんな状況下でも廃れることなく、別の産地の鰻を使いながら、多くの鰻屋さんが凌ぎを削る激戦区を維持しているわけですね。

手賀沼の食文化は素晴らしい!

本当に美味しい「西周」の鰻!自信を持ってオススメできます!(持ち帰りもあるよ!)

我孫子駅と手賀沼公園を結ぶ坂道の中腹にある、鰻屋さん「西周」

このあたりでは大変人気の有名店。

土用の丑近くになるとお店に入れないレベルの混雑っぷりで、地元の人にとても愛されています。

私にとっても、数ある手賀沼湖畔の鰻店なかで、我孫子側ナンバーワンのお店です。(柏側ナンバーワンは「喜多川」さんだと思っています。これも後日記事にしますね。)

お店の外観はこんな感じ。

落ち着いた佇まい。

老舗によくある威圧的な雰囲気も無く、入りやすいお店です。

14時近い時間帯だったので、すぐに入れるかと思いきや、そこは我孫子の大人気店。満席のため少し待つことに。

持ち帰りの販売コーナーにある椅子で少し待つことに。ガラス窓にはうな重弁当、蒲焼きの価格表。エビやコウナゴの佃煮なども売られています。

次は弁当もいいなぁ。

そして待つこと15分ほど。店内に入りました。

老舗ですが、清潔で美しい店内。

鰻漁の…透かし欄間?彫刻書院? なんて言うんでしょうこういうの。とにかく美しい装飾。

メニューはこのような形でシンプルです。

う〜ん。。。クルマで来たことが悔やまれる。

白焼きは無いのかな。

かなり控えめな価格設定が嬉しくなります。

うな重「菊」を注文するも、この日は既に売り切れとのこと。今回は「松」にしました。

待ちのお客さんも居て、ガンガン焼いているせいか、鰻屋さんとしては、それほど待つこともなく鰻重登場!

この蓋を開ける瞬間が、最も幸せな時間かと思います。

ほら…幸せ。

とても肉厚な鰻。臭みもまったくありません。

タレも程よく甘すぎず、ご飯に合いすぎて、どんどん口に運んでしまいます。

鰻については、私もかなりの数のお店で食べていますが、このレベルの美味しさはなかなかありません。

そんじょそこらの「名店」には負けませんね。

芳醇な味。

名脇役「肝吸い」

「松」以上には肝吸いがつきます。この肝がまた大変立派なんだ。

ビタミンEやビタミンAがたっぷり。

夏に食欲の落ちる人は、やっぱり鰻ですね〜。

お漬物も一緒に。さっぱりと。

ほんっとうに美味しいです。自信を持ってオススメできます。

鰻が苦手だという人にこそ食べてもらいたい一品です。

店員さんもとても親切。素晴らしいお店です。

まとめ 〜店舗詳細情報〜

もうすぐ二の丑(8月6日)です。

この機会にぜひ、「西周」さんの鰻、いかがでしょうか?

お店の詳細情報をお伝えいたしますね。

【店名】    西周
【電話番号】  04-7182-1421
【住所】    千葉県我孫子市白山1-3-16
【営業時間】  11:00~20:00 持ち帰り 10:00〜15:00(14:30〜営業中断時間あり)
【定休日】   火曜日(祝日は営業、翌日代休)、第2水曜日

店舗のすぐ脇に駐車場もあります。

車での訪問もご心配なく。

スポンサーリンク



仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。