伊豆・河津町の『わさび園 かどや』のわさび丼を堪能してきました(孤独のグルメロケ地巡り)

スポンサーリンク



井之頭五郎も食べたわさび丼 〜伊豆・河津町の『わさび園 かどや』に行ってきました!〜

『生わさびをサメ皮で擦り下ろしたい…』

一般的な日本男児、大和撫子なら、1日に数度はそのような欲求に駆られるのは当然のことでしょう。

その衝動は当然私にもやってくるわけです。

そこで今回は、深夜飯テロ番組『孤独のグルメ』でも紹介された、伊豆・河津町の『わさび園 かどや』に行ってきました。

そう、

井之頭五郎が同一メニューをおかわりするという異例の行為を見せた伝説回

あのわさび丼のお店なのです。

場所は、かの有名なソメイヨシノよりも濃い桃色で知られる「河津桜」発祥の地、河津町。

風光明媚な山合いの中、河津七滝観光エリアのど真ん中にあります。

私は伊豆市方面から天城越え、クルマで訪れましたが、電車やバスの乗り継ぎではかなり大変な場所ではないかと。

※東海バス修善寺駅行きで25分、河津七滝下車すぐ

来るのは大変ですが、素晴らしい景観を堪能できる地です。浄蓮の滝も近いしね。

『わさび園 かどや』にてわさび丼、わさびそばを堪能!当然、生わさびのサメ皮おろしも楽しみました

お店は想像通りのこじんまりとした装い。

入り口は懐かしいカラカラ音の引き戸

わさび園 かどや(お土産物屋)

食堂のとなりは、わさびを中心としたお土産物屋さん。もちろん新鮮な生わさびを購入できます。

私が訪れた時は時期外れだったので、お昼時でもスムーズに入れましたが、河津桜の咲いている時期(1月下旬から3月はじめ頃まで)は、お店の前に行列もできるそうです。

お店の営業時間も9:30〜14:00と短いので注意が必要。

お店の引き戸を開けると、いきなりの非日常感です。

わさび田

わさび田風ディスプレイがドーン! 日常生活でこんなの見ないですからねぇ。

突然目に飛び込んで来る“わさび田”、そして大小さまざま元気な生わさびたち。

お腹すいてお店に入った途端にコレですから、もう興奮状態です。

値札がついている通り、この場でわさびを購入することもできます。

ちなみにわさびは、奈良時代には薬用として用いられていました。実際に近年においても、記憶力や学習能力の改善、認知症予防、血管拡張、骨密度強化など、さまざまな効果があると報道されたことがあるとか。

最近忘れっぽい私ですから、そんな効果を期待しながらも、お店の奥へ!

店内は外観から受ける印象よりも広いです。

さっそく注文。

当然のことながら『わさび丼』、そして少し気になる『わさびそば』も注文。

※大盛りは100円増し。私は『わさび丼』を大盛りに。

ほかにも『自家製 わさび焼酎』なんてソソるメニューもありましたが、クルマですから当然断念。

注文すると早速わさびと、長次郎の刻印つきおろし金(金じゃなくてサメ皮なんだけど)が届きます。

丼とそばが来るまでの間、それをスリスリ。

このわさびをおろすだけでも結構楽しい。

お店の方にレクチャーいただいた通り、円を描くように大切にスリスリします。この時点でわさびの美しい香りが漂いはじめます。

舐め回したい衝動を抑え、待つこと数分。

もう我慢できません。見た目から美味いオーラが圧をかけてきます。

糖質制限していることもすっかり記憶の外。

最初からメインに突入します。

わさび丼にも食べ方のレクチャーがあります。

まず真ん中に擦り下ろしたわさびを乗せ、次にまわりに醤油をかけていきます。わさびには醤油をつけず崩しながら食べていく感じ。

味はどうでしょう。

『鼻ツーン』

です。味の前に『ツーン』が来るので、最初はパニックになりました。

普段慣れている寿司や刺身に付くわさびの比じゃない程、強烈な『鼻ツーン』が来ました。

でも美味しい。辛さ、香り、味、がうまいこと融合している感じ。体の奥から洗浄されるような爽やかさも感じます。

クセになる美味しさですね。

食べるたびに『鼻ツーン』ですが。

次に『わさびそば』を。

こちらはおそらく、そばにわさびを練りこんでいるのだと思いますが、単体での辛さはありません。

これもわさびを少しづつ乗せながらいただきます。

独特の爽やかさがあり、甘みあり、とても美味しいです。竹の器が転がりそうで大分気を使いましたが…

わさび漬け等々も付いて来るので、お好みで味を調整しながら食べるのも良いでしょう。

店内はわさびに咽せる人多数。

あちこちでゴホゴホ言いながらも、美味しいという声も漏れ聞こえ、みんな笑顔で楽しそうに食べていました。(若者多し!)

とても楽しく美味しいお店。ぜひ一度お試しあれ!

まとめ

『生わさびをサメ皮で擦り下ろしたい…』

そんな日本人みんなの夢を叶えて参りました。

そして吾郎さん、久住さんの足跡も…

それではお店情報をまとめていきましょう。

【店名】わさび園 かどや
【住所】〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本371-1
【TEL】0558-35-7290
【営業時間】9:00~17:00 ランチは14時まで 売り切れ次第で早仕舞いあり
【休日】 不定休
【駐車場】 無料 結構広いですが混雑時期は注意

ちょっと交通便が悪い場所ではありますが、一度は行ってみる価値有りです。

私も近くを通った際は再訪しようと思っています。

なかなか他では味わえない美味しさと『鼻ツーン』です。

伊豆に遊びに行くなら、試さないのは勿体無いですね。

スポンサーリンク



仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)