【体育会】君は最強の防寒着ボンネル(ボンジャー)を知っているか?【柔道部】

img_5119

寒さが苦手なあなたの悩みを一撃で解決する、素晴らしい防寒着をご紹介します

10月も終わりに近づいてだいぶ気温が下がってきましたね。

ようやく夏の終わりが見えてきたような気がします。

まぁ私はまだまだ半袖の上、汗ビショビショで外を歩いていますが…

街を歩く女性にはコートを着ている人を見かけるようにもなってきました。

あと2ヶ月もするとクリスマス。

それを超えると冬の足音が聞こえてきます。
※私の季節感はぶっ壊れているので軽く流してください。。。

寒さが苦手なあなた、そろそろ防寒対策はできていますか?

真冬でも汗だくで周囲の人にドン引かれる私とって本音のところは理解しがたい部分ですが、寒さが苦手な人にとって、暖かい服装を確保するというのは大変なことのようで。

『着ても着ても寒い』

という声もよく聞きます。

今日はそんなあなたの悩みを一撃で解決する、素晴らしい防寒着をご紹介しようと思います。

君は最強防寒着ボンネル(ボンジャー)を知っているか?

今日ご紹介したい最強の防寒着の名前はボンネル。

地域によっては、ボンネルジャージとか、ボンジャーと呼ぶ場合もあるようです。

ボンネルの上をいく防寒着なんて、冷凍倉庫用特殊防寒具とか宇宙服くらいしかありません。

その防寒力は通常の衣類としては、人類史上最強と言っても過言ではないでしょう。

私なんて真冬に着ても滝のような汗が流れます。

どんな寒がりの女性でも『暑っつ!やっぱ脱ぐわ!』と言わしめる代物。

しかしながら、一般的には全く浸透していない衣類です。

自信を持って言えますが、渋谷の女子高生100名に質問したら、その存在を知る人は間違いなく0人です。

恵比寿のOL100人でも、新橋の酔っ払いサラリーマン100人に聞いても同じ結果でしょう。

それだけマイナーな衣類、それがボンネルなのです。

その証拠に、アマゾンで検索をかけてみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-22-35-29

ほ〜ら出てこない。

あの最強のECサイト、アマゾン・ドット・コムですらボンネルは売ってません。

なんだかエロいショートパンツを出すので精一杯。

それでは、日本最強のECサイト、楽天でも調べてみましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-22-37-11

ほ〜ら出てこない。

迷いに迷ってネルシャツの登場です。

これでいかに秘匿性の高い衣類かわかることでしょう。

どうです?気になってきました??

最強防寒着ボンネルを着用するメリット

さて、その気になる最強の防寒着ボンネルですが、着用するにはそれなりのメリット、デメリットが存在します。

それぞれお伝えしていきましょう。

まずはメリットから。

メリット1 ボンネルはとにかく暖かい!

ボンネルはとにかく暖かいです。アホみたいに暖かいです。

この暖かいという表現を使用して良いものか、かなり悩みました。

私も2月頃の大雪でも降るような本当に寒い日などには、着用することもあります。

が…そんな日でも10分も着れば汗だくです。

平成26年2月に発生した豪雪の日も着ていましたが、周囲の人が凍えるようにしている中、ボンネルを着た私は滝のような汗を流してしまい、怪訝な目で見られたことをよく覚えています。

メリット2 ボンネルはとにかく丈夫!

私が現在も使用しているボンネルは、私が15歳の時に購入したものです。

もう23年以上使用していることになります。

その間、投げたり、引っ張ったり、いろいろな所に引っ掛けたり、車に轢かれたりと、とにかく雑に扱ってきましたが、破れることも、穴があくことも、伸びてしまうこともありません。

もう魔法の生地なんじゃないかと思うほど丈夫。

メリット3 ボンネルはとにかく着心地が良い!

ここまで読んだあなた。

ボンネルを南極探検隊が着るようなゴワゴワしたもの、または作業着のようなカタ〜イ衣類だと誤解していませんか?

最強防寒着ボンネルを舐めてもらっちゃ困ります。

ボンネルは最高に着心地が良く、パジャマがわりにできるほど(それにはかなり暑いけど)動きやすい衣類です。

肌触りも気持ち良く、柔らかなタオルに包まれているようですらあります。

最強防寒着ボンネルを着用するデメリット

ここまでの解説でメリットはご理解いただけたかと思います。

これだけ読むと『神が与えし夢の衣類』のように思う方もいるでしょう。

しかしまぁそんなに世の中甘くありません。

ボンネルには人々を震え上がらせる恐ろしいデメリットも存在します。

デメリット1 ボンネルはとにかくダサい!

もう絶望的にダサいです。とても人前で着ることはできません。

長年愛用している私ですら他人が着ているのを見たら指さします。

全身タイツに匹敵する恥ずかしさです。

von

 

見ての通りですが「おおげさだな〜」と思った方、実物を見ればわかります。すべてのメリットをかなぐり捨ててでも諦めるレベルです。

カッコイイボンネルなんて産まれてこのかた見たことありません。

デメリット2 ボンネルはとにかく高い!

当然です。

だって希少な存在だから。

失礼ですが、恐らくあなたは30カラットのダイヤモンドを見たことは無いでしょう。同じくボンネルも見たことは無いでしょう。

そういうことです。

大変希少なボンネルはだいたい一着15,000円〜くらいします。

まとめ

いや〜すげ〜くだらない記事だけど書いてて楽しかった。

ダサいとかdisってますが、これもボンネルに対する愛情です。ダサいのが良いんですよ!ダサくなきゃボンネルじゃないし。

大好きなんですよボンネル。

本来は柔道家が寒い柔道場で、練習や試合の前、間に身体を冷やさないように柔道着の上から着られる衣類なんです。

ご存知の方もいるかもしれませんが、冬の柔道場は外より寒かったりします。

冬の硬い畳は氷の塊のようです。

そんな地獄のような環境から守ってくれるのがボンネルだったんです。

だから本当にあったかいし、丈夫にできています。

大好きなボンネル。少しでも知ってくれる人が増えれば幸いです。

私が23年以上愛用しているボンネルはこちら

img_5119

毛玉で汚らしくなっても、愛おしい相棒です^^

あっ!楽天売ってたわ(笑)

 

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)