「LINE LIVE」とは? | いまラインライブが熱い!ツイキャスのような生配信、SNOWのようなライブエフェクトが使用可能に!




ライブ配信アプリ「LINE LIVE」にツイキャスっぽいユーザー生配信と、SNOWやSnapchatのライブエフェクトっぽい新機能が追加されました

LINEがまたやりました。

昨年12月10日にリリースされたライブ配信アプリ「LINE LIVE」。ここ最近流行りのライブストリーミング形式による動画配信サービスです。

ご存知無い方も多いかもしれませんが、サービス初日に総視聴者が500万人を突破した、バケモノアプリです。

LINE LIVE

LINELIVE iTunes アプリダウンロード

LINELIVE Google Play アプリダウンロード

国内のみならず、タイ、台湾などでも大人気。(タイ、台湾では「LINE TV」の名称で知られる)

最近はアーティストがLINE LIVE限定MVを出すなどもしており、

img_4279

※人気音楽グループ「超特急」も、10月26日に発売する2ndアルバム『Dramatic Seven』のMVをLINE LIVE限定で配信(「Seventh Heaven」のMVでハート数の新記録を達成したようです)

その人気の度合いが伺えます。

私も実際にインストールしてチェックしてみましたが、

・芸能人主体のトークバラエティ風番組の配信
・映画の舞台挨拶生中継
・ミュージックライブ

など、なかなか面白そうな動画が多数配信されています。

まさに本日発表がありましたが、元西武ライオンズの石井一久さんも、『LINE LIVE』で新番組をスタートさせるとか。野球ファンも楽しめそうです。

かつて、NTTドコモがスマートフォン向けに配信していた有料放送「NOTTV」よりもはるかに面白そうですね…

タダだし。。。

今回、そんな大人気の「LINE LIVE」にツイキャスっぽいユーザーによるライブ配信機能と、SNOWやSnapchatのライブエフェクトっぽい新機能が追加されました。

「いまさら??」と思う方も多いかもしれませんが、これは大きな出来事だと私は思っております。

LINE社は後追いでサービスを提供し、元祖を追い抜いてしまうのが得意中の得意。

そもそもLINEの中心となる「トーク」や「無料通話」、「スタンプ」なども、元はと言えばカカオトークやスカイプが先行していたサービスです。

それにもかかわらず、後発組であるはずのLINEが、今や全世界月間アクティブユーザー数2億1,500万人以上!

この分野ではアジアの雄となっているというのだから驚きです。

こういった結果のように、LINEはまたしても「ツイキャス」や「SNOW」までもを飲み込んでしまうのでしょうか?

今回の機能追加についても、注目していきたいところです。

例によって私は動画配信が苦手なので、私自身が活用することは無いと思いますが…

「LINE LIVE」とは?テレビ局が恐れるほどのネット配信プラットフォーム

「LINE LIVE」は、2015年12月のサービス開始以降、テレビ局、ラジオ局、アーティストなどに限定してライブ配信を実施しており、今年6月末時点でも延べ視聴者数は3億5000万人以上の大人気ぶり。

この時点で既に「AbemaTV」などと共に、テレビ局が恐れるほどのネット配信プラットフォームになっていました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-15-44-37

一般ユーザーへライブ配信機能を開放!ツイキャスのように気軽な生配信が可能に!8月の月間アクティブユーザーは1,900万人を突破!

その「LINE LIVE」が8月10日、ついに一般ユーザーへライブ配信機能を開放!

ツイキャスのように気軽に生配信ができるようになりました。

これにより8月14日〜20日の僅か7日間における週間アクティブユーザー数は620万人を突破!

8月の月間アクティブユーザーは、なんと1,900万人を突破!(8月1日〜8月9日はまだ一般開放されてない期間だからね!それも入れて1,900万人は驚異的…)

ユーザーの中心は、やはり若年層の女性。

この手のサービスは若い女性に人気ですね。MixChannel(ミックスチャンネル / ミクチャ)も、Vineも、SNOWもそうですが、

スマホアプリ×動画

のサービスは、10代〜20代前半の女性が中心にブームを作っているように感じます。

一般ユーザーへのライブ配信機能開放後、あまりの人気っぷりに、ユーザーの要望に合わせて仕様も変更。

・1回のライブ配信時間を30分から1時間に延長
・アーカイブの保存期限も30日間から無期限へと変更

と、積極的にユーザーに合わせた改良が行われています。スピード感ありますね〜。

SNOWやSnapchatのようなライブエフェクトも使える!新機能「LIVEスタンプ」が追加に!

あれ…??

これってSNOW?それともSnapchat?

みたいなライブエフェクト機能も使用できるようになりました。

こんなやつね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-15-45-11

こちらの機能が「LIVEスタンプ」です。

さらに「ギフトアイテム」という新機能も追加。

これは視聴者から配信者に送ることができる有料アイテム。

ん…?

まるでツイキャス。。。

これまでも、視聴者から配信者に送ることができる「ハート」という「何回でも押せる”いいね!”」みたいなものがありましたが、

従来の「ハート」よりも、華やかな演出が可能になります。おなじみのLINEスタンプのようなものを送れるんですね。

unspecified

このように次々と新機能を投入しており、「LINE LIVE」はますます盛り上がって行きそうです。

まとめ

LINE社、今年はガンガン仕掛けていますね。

先日もLINEの100%子会社である「LINEモバイル」によるMVNOサービスが開始されたばかりですし、今日もビーコンを使った「LINEマンガ試し読みキャンペーン」の発表がありました。

新しい施策を次々に投入しています。

Facebook社もそうですが、優れた会社は本当にスピード感がありますね。

それにしても、

YouTubeやニコ動はもちろん、ツイキャスにMixChannel、SnapchatにVine、SNOW…

流行りのツールはみんな動画です。

ライブエフェクトの登場〜普及も、動画の時代だからこそ。

FacebookやInstagramも、もはや動画広告が主流になっています。

メインストリームは完全に動画の時代に突入し、情報発信においても動画は必須の状況。

もう『動画は苦手!』とか言ってられないかもしれません。

困ったもんだ。。




仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。