リベンジポルノ対策とセクストーション(性的脅迫)対策

1764be13fab5488b5ee9e03b582a299f_s

ツイッター投稿で逮捕!リベンジポルノ法ネット流出では初

リベンジポルノ法適用、ついに2例目が出てしまいました。

前回の福島県での逮捕事例は、駐車場での写真バラマキでしたが…

リベンジポルノ法初適用 性的写真バラマキの対策と防止は?
http://m-ochiai.net/revenge-porn/

今回はツイッター投稿によるインターネット上への画像流出です。

本当に困ったものです。

今日は、今回のリベンジポルノ逮捕事件とリベンジポルノ対策、同様に深い問題であるセクストーション(性的脅迫)について見て行きましょう。

※私、落合正和はネットリテラシー教育、若年層へのスマホ利用教育、また、SNSトラブル、リベンジポルノの撲滅のため、日々活動しております。(詳細は下記)何かご協力できることがあれば、お気軽にお声がけください。

ツイッターへの画像投稿 ネットへの流出画像の回収は極めて困難

今回の事件の内容を解説しましょう。

今年1月、元交際相手の女性の裸の画像をTwitterに投稿。10点の画像を不特定多数のユーザーに見られる状態にしたことで、東賢一容疑者(39)が逮捕されました。インターネット上に画像を流出させてのリベンジポルノ法適用は、今回が全国初となります。

調べに対し容疑を認め、「女性に復縁を求めるメールを送ったが、返事がなかったので恨んだ。反省している」と供述しているとのこと。

容疑者の供述は身勝手極まりなく、絶対にあってはならないことです。

特にインターネット上への画像の流出は回収が困難極まります。

状況によっては不可能に近いケースが多い。

とても許されることではありません。被害女性の悔しさは筆舌に尽くし難い想いでしょう。

d5dada6184335d3c6b566937d4f22069_s

リベンジポルノ対策は?

前回リベンジポルノについて書いた時にも同じことを言っていますが、大事なのでもう一度書きましょう。

一度インターネット上に流出した画像は、ほぼ回収不可能です。

そして、それらの画像は犯人が逮捕されても消えるわけではありません。

つまり、問題の解決にはならないのです。

リベンジポルノに対策があるとすればたった一つです。

『撮らせない』

これだけです。

いくら信用できる交際相手でも、裸の写真等、外部に流出して困るものは絶対に撮らせてはいけないのです。

人間に絶対はありません。

・いつか別れが来るかもしれない
・交際相手がカメラを、スマホを紛失するかもしれない
・交際相手のPC、スマホがハッキングされるかもしれない

一度画像を残してしまうと、リベンジポルノのような復讐心以外のリスクも、ずっとつきまといます。

そのリスクを説明しても撮りたがる交際相手がいたならば、その人は本気であなたを大切にしてくれる人ではありませんね。

『撮らせない』

対策はこれだけなのです。

セクストーション(性的脅迫)の被害と対策

さらに深刻な問題も起きています。

復讐心から裸の画像等をばら撒く行為をリベンジポルノと言いますが、裸の画像などをネタに脅迫行為などを行うことを「セクストーション」と言います。

「お前の裸の画像をネットにばら撒かれたくなければ、◯◯万円振り込め!」と脅しをかけ、金銭などを要求するような脅迫犯罪のことです。

米国では度々話題になっていましたが、ここ最近は日本でも無視できない状況になってきました。

実際に昨年4月には、千葉県にて逮捕者も出ています。

このセクストーション、脅迫者がネタとする画像を入手する経路はさまざまです。

・SNSなどで仲良くなり、被害者自ら画像を送ってしまう
・FacebookなどのSNSアカウント乗っ取りで画像を奪われる
・Eメールアカウントの乗っ取りで画像を奪われる
・スマートフォンのハッキングで画像を奪われる
・パソコンのハッキングで画像を奪われる

最近は不正なアプリを騙してインストールさせたり、Free Wi-Fiを通じてハッキングをかけたりと、犯行の手口も巧妙です。

また、被害者は女性のみならず、男性も多いです。

出会い系サイトなどで、異性だと思っていた相手に、うっかり性的な画像を送ってしまい、後に金銭を要求されるような、”ネット美人局”とも言えるような手口も報告されています。

十分な注意が必要です。

セクストーション(性的脅迫)の対策としては、

・見知らぬ相手に画像を送らない
・SNS、スマホにおいて不用意にアプリをインストールしない
・セキュリティ対策されていないFree Wi-Fiに接続しない

などは当然のこと!

なによりも、

『流出して困るような画像を撮らない』

これが一番です。

リベンジポルノ、セクストーション共に、最高の対策はリスクとなる画像を持たないこと

リベンジポルノ、セクストーションについては、弊社にも何度か相談の連絡が来ており、その件数は年々増えています。

何度も同じことを書くようで申し訳ないのですが、結論、最高のリベンジポルノ対策、セクストーション対策は、リスクとなる画像を持たないことです。

そして、常に危機感を持つこと。

パソコンやスマホには、必ずログイン用のパスワードを設定し、他人には貸し出さないことです。

パスワードの使い回しはせず、盗難には注意する。

ごく当たり前の警戒を行うことです。

企業はぜひ社内で研修を行ってください。学校、家庭でも、これらの対策をしっかり話しあいましょう。

リベンジポルノ、セクストーションの被害が少しでも減ることを、心から祈っております。

SNSトラブル、ネットリテラシー教育の専門家 落合正和です。

私、落合正和はネットリテラシー教育、若年層へのスマホ利用教育、また、SNSトラブル、リベンジポルノの撲滅のため、日々情報発信や啓蒙活動、講演などを行っています。

私に何かご協力できることがあれば、ぜひお気軽にお声がけください

講演実績、メディア出演実績等はこちらに記載されております。

取材・執筆依頼
講演・講師依頼

ご連絡お待ちしております。

Webマーケティングコンサルタント
希望日本研究所 研究員
株式会社office ZERO-STYLE 代表取締役

落合正和

【著書】
はじめてのFacebook入門 決定版

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

落合正和

マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)