WhatsApp(ワッツアップ)とは? LINEのライバル!月間アクティブユーザー数8億人のメッセンジャーアプリWhatsAppを解説!

WhatsApp(ワッツアップ)の流行の勢いをLINE、Twitterなど、他サービスと月間アクティブユーザー数比較してみました

メッセンジャーアプリの勢いが止まることを知りません。

昨年、Facebook社が160億ドルで買収した大流行のメッセンジャーアプリ「WhatsApp」

この「WhatsApp」がついに月間アクティブユーザー数8億人を超えたと、同、ジャン・コウムCEOがFacebookの投稿で発表しました。

WhatsApp – now serving 800,000,000 monthly active users. Reminder for the press out there: active and registered users are not the same thing 🙂

Posted by Jan Koum on 2015年4月17日

 

月間アクティブユーザー数という数字は、1カ月に1回以上利用するアクティブなユーザーの数を表します。

この数字がどれだけスゴいかと言えば…比較すればわかります。

・Instagram … 3億人(昨年12月時点)
・Twitter … 2億8400万人(昨年9月時点)
・Facebookメッセンジャー … 6億人(3月時点)
・LINE … 1億8100万人(1月時点)

計測時期こそ違えど、この数字がいかに化け物のような数値かよくわかると思います。

smartphone-325481_640

メッセンジャーアプリWhatsAppとは何か?なぜWhatsAppはこれほどまでに流行しているの?その理由は?

凄まじい勢いで拡大を続けるWhatsAppですが、日本ではまだ馴染み深いとは言えません。

まず、『WhatsAppとはいったい何なのか?』からお伝えしましょう。

WhatsAppとは

WhatsApp Messenger(ワッツアップメッセンジャー)は、アメリカのWhatsApp (WhatsApp Inc) が提供する、リアルタイムでメッセージの交換ができるスマートフォン向けのインスタントメッセンジャーアプリケーションである。2009年5月4日に提供を開始した。
2014年2月19日にFacebookが160億ドルで買収することを発表した[1]。さらに30億ドル相当の制限株式ユニットを付与したので190億ドル規模の買収と報じられている。

Wikipediaより

カンタンに言えば、WhatsAppは、ユーザー同士がリアルタイムに短いメッセージをやりとりすることができるスマホアプリ。スマホのアドレス帳と連係し、電話番号をアカウントとして利用できます。

ボイスメッセージ機能「音声ノート」もあります。

Android、iPhone、BlackBerry、Windows Phoneなどで使用可能で、日本人の感覚で言うと、LINEが近い存在でしょう。

ただしLINEと違い、最初の1年間は無料で使えるが2年目からは年間99セント(約120円)の年額利用料が発生します。

日本とは違い欧米ではSMS(ショートメッセージサービス)の利用が盛んであり、その代役として登場したのがWhatsapp。

通常SMSは1送信毎に数セントの料金が発生するのに対し、Whatsappは2年目以降の年間99セントの年額利用料以外は何度送っても無料。

これが欧米でWhatsappが大ヒットした理由の主たる要因でしょう。

欧米の携帯電話料金の課金システムがWhatsapp流行の前提にあったというわけです。

smartphone-569076_640

LINE VS WhatsApp 日本でもWhatsAppは流行するのか?

欧米(特に欧州と南米)では圧倒的なシェアを誇るWhatsApp。

今後日本でもブームは起きるのでしょうか?

こういった話をすると、思い出されるのがmixiとFacebookのシェア争い。

2010年頃からジワジワとFacebookが日本に浸透してくると、2011年頃、あっという間にmixiはSNS市場でのシェアを奪われてしまいました。(現在mixiはSNSではなく「モンスターストライク」等のスマホゲームで好調)

同様にWhatsAppがLINEのシェアを奪うようなことがあるのか??

私は『WhatsAppは日本では流行らない!』と見ています。

なぜWhatsAppは日本では流行らないのか?

WhatsAppのサービスそのものに問題があるわけではありません。とても優れたメッセンジャーアプリであることは間違いないです。

しかしながら、欧米でWhatsApp流行の原因となった、携帯電話の料金システムが日本と欧米では違います。

完全に無料で利用できるLINEに対し、WhatsAppの99セントの課金も、日本人には抵抗があるでしょうね。

また、日本ではSMSの利用が欧州ほど盛んではなく、LINEの強固な地盤は当時のmixiの比ではありません。

年内の上場が濃厚と言われるLINEは、上場後、時価総額は1兆円を超えるとも言われ、今後の成長も止まらないでしょう。

LINEのスタンプの文化もユーザーに好かれており、もはやWhatsAppが日本市場には入り込む余地は無いように、私は感じています。

ただ、WhatsAppが世界標準となるほどの力をつければ話は別です。このまま拡大すればその可能性もあるでしょうね。そのためには、本国アメリカでのシェアをまだまだ広げる必要があるでしょう。

LINE!WhatsApp!E-mail(メール)を使わない若者とメッセンジャーアプリの時代

LINEにしても、WhatsAppにしても、メッセンジャーアプリの時代が来たと言って良いでしょう。

若者はもうE-mail(メール)を使わない時代になりました。

わざわざメールアドレスを入力して、件名を書き、ようやく本文に入るような面倒なE-mail(メール)よりも、ササッとスマホでタップすることができ、場合によってはスタンプひとつで感情を伝えられるメッセンジャーアプリのほうが人気があるのは当然です。

若者にとってE-mail(メール)は就職活動で企業や大学と連絡とるためのオフィシャルなツールであり、友人とコミュニケーションをとるためのものではありません。

ましてやPCを持たない若者が増えています。スマホひとつでサッと送れるメッセンジャーアプリのほうが効率的ですし、スタンプの存在はよりコミュニケーションを密にしてくれました。

私自身も仕事でE-mail(メール)を使う機会がかなり減りました。

LINEのほうが圧倒的に早く仕事を済ますことができますし、先方とのコミュニケーションが円滑に進みます。

私がサラリーマンだった頃、業務連絡はFAXが主流でした。

その当時、『経費削減と効率化のためにFAXを止め、E-mail(メール)にするべき!』と社内で主張したところ、上司に酷く叱責をされたことを覚えています。

『E-mail(メール)なんてくだらん!遊びじゃないんだ!』

と言われました。

今はE-mail(メール)を遊びの道具として考える人はいないでしょうが、この上司、本当に不勉強な人間です。

メッセンジャーアプリに対し、『そんなもので仕事なんて…』みたいな時代遅れな人は、今後ドンドン遅れをとっていくでしょうね。

でもそんな人が多いんですよ。現実に。

そんな人が多いからこそ、学校も職場も、家庭でもネットリテラシー教育も進まないのです。

日本には自分の知らないものは全て『悪』としてしまう、前世代の人がとにかく多い。

こういう人の思考って、

・スマホで新聞を読んでいる人 → けしからん!
・紙の新聞を読んでいる人 → よく勉強しとる!

こんなレベルですから、困ったものです。

話を戻します。

これまでWebマーケティングの中心にあった、E-mailマーケティングも、そろそろ転換期を迎えるかもしれません。

その傾向として携帯メールマーケティングは、もはや壊滅状態です。

今後、このメッセンジャーアプリがマーケティングを変える時代が来るのは間違いありません。

そうなると、ビジネスのこれからのカタチは確実に変わってくるでしょうね。

我々ビジネスマンはこの動きに対し、準備していく必要があります。

WhatsAppとは? まとめ

月間アクティブユーザー数8億人を超えたWhatsApp。

この勢いは時代の後押しもあり、今後さらに拡大していくでしょう。

これはLINEも同様です。

日本におけるメッセンジャーアプリ市場にWhatsAppが食い込んでくるのは少し難しいかもしれませんが、メッセンジャーアプリの時代の到来は、今後のビジネスを大きく変える存在でしょう。

これからも、WhatsApp、LINE、双方共に目が離せない存在ですね。

LINEを連絡手段に使っている若い部下を叱っているあなた!次にクビになるのは部下では無く、あなたかもしれませんよ!

まぁ…使い方にも色々あるので一概には言えませんが^^;

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。