ポケットwifiは解約すべき!月3,600円も浮かせた節約方法

m010068

ポケットwifiなんてさっさとやめちまえ!

月4,500円以上かかっていたポケットwifiを解約した。

クルマの中や、通常の電車の車内はパソコンなんか開きたくないから、iPhoneやiPadで済ます。

コンサル先でwifiが拾えないこともあるが、短時間だし、iPhoneのテザリングで十分だ。

そうなるとポケットwifiを利用する場面って、主に外出時になるわけで、ほとんどが喫茶店やカフェ、新幹線の車内、空港なんかになる。

ところがそういった場所には、低価格な公衆無線LANが飛んでいる。

日本もwifi環境が整ってきた!

今、私はポケットwifiを解約したが、まったく不自由はしていない。むしろ環境は良くなった!

その上、月あたり約3,800円も浮かせることができたのだ。

今回はその方法をお伝えする。

公衆無線LANを使えば月の通信費用は抑えられる

通信費を約3,800円も浮かせることができたのは、公衆無線LANを活用するようになったから。

今は、全国どこに行っても、公共交通機関や、喫茶店やカフェ、ファミレスなんかはだいたい公衆無線LANを利用できるから不自由しない。

しかも月額料金は圧倒的に安い!

私が契約しているのはこちらの2つ。

Wi2 300 公衆無線LAN

Wi2 300
月額362円 初期費用・入会金は一切かからない。しかも、国内最大級のスポット数。

スクリーンショット 2014-10-06 12.06.55

↑コレがある場所でつかえる

docomo Wi-Fi

docomo Wi-Fi
月額300円。こっちも全国約15万アクセスポイント。

img_docomo_wifi

↑コレがある場所でつかえる

この2つを契約しておけば、駅、空港、カフェ、ファストフード店、ファミレス、コンビニなどではほとんどwifi接続できてしまう。

さらに…自宅や事務所に公衆無線LANが届いちゃう人は、光回線もADSLも必要なく、月300円で済んでしまう…

個人情報を管理するようなセキュリティを気にしなくちゃいけない会社は、それじゃマズいかもしれんけど。

ポケットwifi特有の速度制限。公衆無線LANには関係ない!

ポケットwifiで一番腹が立つのが速度制限。

7GBや10GBなどの一定の通信量を超えると、速度制限がかかってしまい、使い物にならなくなる。

しかも、キャリアの都合で速度制限ルールを変えられてしまうこともあり、困ったものだ。

7GBや10GBなんて、そんなに使わないよ〜って言う人もいるかもしれないが、YouTubeやHuluみたいな動画サービス使っていたら、あっという間に超えてしまう。

映画好き、ドラマ好きには痛いところだ。

しかしながら、公衆無線LANには通信料制限など無い。

爆速のwifi環境で好きなだけ動画も楽しめる。

コンビニwifiも上手に使おう!

最近はコンビニでも無料Wi-Fiサービスが利用できる。そしてありがたいことに日本はコンビニ天国。

全国どこに行ってもコンビニはすぐに見つかる。

クルマで移動中、急に作業しなくてはならない時など、非常に便利だ。

セブンスポットに、ファミマWi-Fi、LAWSON Wi-Fi、どれも無料で使うことができる。

セブンスポット(セブン&アイグループ)

全国14,300店舗のセブンイレブンだけではなく、西武百貨店、そごう、イトーヨーカドーに、デニーズ、Loft、アカチャンホンポ、アリオまで、セブン&アイグループのさまざまな場所で利用できる。1日3回、1回につき60分間接続可能!

ファミマWi-Fi(ファミリーマート)

全国10,000店舗以上のファミリーマートで利用可能。1日3回、1回につき20分間という短時間の制限が残念。でもそんなに長時間コンビニにいないでしょ。便利。

LAWSON Wi-Fi(ローソン)

全国9,000店のローソンで利用可能。上記2つにくらべてちょっと面倒で使いづらい。回数や接続時間に制限がないのは嬉しいが、Ponta会員の登録が必要だったり、ログインが面倒だったりで私は使っていない。そして致命的な欠陥、PCによる接続ができない。iOSかAndroidのみ利用可能。
最後のローソンはちょっとアレではあるが、無料で使えて便利だ。

ただ、コンビニの無料Wi-Fiは通信の暗号化がされていないことが多いため、セキュリティ面では注意が必要となる。

地域の無料wifiもけっこう使える

東京お台場FreeWiFiや、G FREE(銀座のフリーWi-Fi)、Fukuoka City Wi-Fiに、沖縄フリー de Wi-Fiなど、それぞれの地域で解放している無料wifiもけっこう使える。

と、いうことでこのご時世、都市部であればほとんどの場所でwifiを使うことができる。

ポケットwifiとお別れしよう!

今回紹介した2つの公衆無線LANサービスを契約しておけば、困ることはほとんど無いだろう。

地方の出張で、どうしてもって時はコンビニに入るか、スマホのテザリングを使えば良い。

と、いうことで金食い虫で不便なさっさとポケットwifiなんて解約してしまおう。

最近は回線数を維持したいがために、使わなければ維持費0円の寝かせ契約なんかも提案してくるキャリアまで存在する。

それを利用してポケットwifiを一生寝かせてしまうか、2年に1度やってくる契約解除無料のタイミングを待つのも良い。

ポケットwifiとお別れしよう!

そこには、お金を節約できる上に速度制限も気にしない自由な世界が待っている!

仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。

2 件のコメント

  • 初めまして!
    こんなにも自分と考えが似ている方がいるなんて…と思いながら読ませていただきました。
    メモを取ることや、ブルーブラックのボールペンまで同じです。
    24歳の時に起業して10年経ちますが年配の方には「楽するな!」と押し付けられてますね(*´д`*)
    早く楽したいから頑張ってきたのに…

    幸せの定義も同じ事答えてます!
    これからも落合さんを応援しています!

  • 素敵な情報ありがとうございます。素晴らしい記事。
    通信費電気代等の固定費は高いですからね。
    所有私有でバカ高い高コストで皆損する時代が変化し楽器シェアカーシェアシェアハウス民泊等共有シェアによる低コスト化無料化で皆お得の時代になってると痛感しますよ。
    地域の無料wifiをまとめて1度の登録で利用出来るNTTBPさんのJapan Connected-free Wi-Fiも使いやすいです。外国人観光客向けですが高い通信費で悩む日本人も使ったらよいと思います。
    http://www.ntt-bp.net/jcfw/about/ja.html
    ロシアウクライナのクリミアの電力供給停止や日本でも災害や福島原発事故多い計画停電に備え日本でも電力を無料化し自給しおすそわけしあうオフグリッド発電市民発電にご協力をお願いします。脱原発再生エネ転換も進みます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    落合正和

    マーケティング・コンサルタント&Webメディア評論家&ブロガー 2010年よりソーシャルメディアマーケティングに注目し、現在はオフラインでの商圏分析とソーシャルメディアマーケティングを融合したナレッジをベースに、企業や政治家、プロスポーツ選手といった方々へのコンサルティング活動、講演活動を行っています。 著書:はじめてのFacebook入門【決定版】(秀和システム)