一流ホテルのレストランよりも美味い、セブンイレブンの金のビーフカレー。僕はこれ以上のカレーを知らない。

スポンサーリンク



狂ってしまいそうなほどの味!一流店を超えるセブンプレミアムゴールド・金のビーフカレー

セブンイレブンやイトーヨーカドーで販売されている、金のビーフカレー。ご存知ですか?

今、このカレーが美味すぎて、僕の中では第二次ブームがやってきています。

2017年にリニューアルされ、さらに美味くなりました。

美味さの詳細は、後ほど詳しく語るとして、このカレーの実力が半端なものでは無いということを、まずはお伝えしておきたい。

嘘でもなんでもなくコンビニのレトルトカレーが一流店よりも上だと言いたいのだ

ちょっと狂ってしまいそうなほど美味いのである。

今回は、そのセブンプレミアムゴールド、金のビーフカレーについてお伝えいたします。

行列が出来る有名店のカレーよりも、一流ホテルに入るレストランの高価なカレーよりも美味い

セブンプレミアムゴールド、金のビーフカレー。

まだ食べたことがない人にとっては、ただのコンビニのレトルトカレーとしか思わないだろう。

自慢じゃないが僕はカレーにはうるさい。

カレーファンでは知らない人はいない、パレスホテル、『IVY HOUSE』のカレーから、横浜伊勢佐木モールの『ラマイ』、地元なら超有名店の『ボンベイ』から、知る人ぞ知る手賀沼の名店『ハリオン』、台北最強のカレー店『咖哩匠』、

柳兼子がバナードリーチの奨めで味噌を入れて作った『白樺派のカレー』まで、

かなり広範囲に食べ歩いている。

もちろん安倍総理が食べたことで話題になった、東京・赤坂ホテルニューオータニのレストランSATSUKI3500円カツカレーだって食べている。

最近はピエール・ガニェール パン・エ・ガトーのカレーパンが好きだ。家でだって自分で香辛料を調合してつくる。

とにかく、地域、種類を問わず、あらゆるカレーを食べる。

最低でも週に5皿は胃袋に入れている。間違いなく。

変態的にカレーが好きな男なのだ。

そんな僕が自信を持って言う。

セブンプレミアムゴールド、金のビーフカレーは、行列が出来る有名店のカレーよりも、一流ホテルに入るレストランの高価なカレーよりも美味い。

人には好みがあるから、何処よりも美味いとか、日本一だとかは言わない。

でも、その価格と対比して考えたとき、

『世界一コストパフォーマンスに優れたカレーだとは断言できる!』

ハッキリ言って死ぬほど美味いのだ。

なぜこのカレーがもっと話題にならないのかわからない。

セブンプレミアムゴールド…セブンイレブンのプライベートブランドのフラッグシップモデル。確かにクオリティ高い商品群になっています。その中でも金のビーフカレーは、頭一つ抜けてます。

比較にならないほど圧倒的な美味さ!セブンイレブンの商品開発は時々こういった尋常じゃないチカラを発揮する

ブログのアクセスやSEOの視点で言えば、他の商品も網羅し、それぞれの特徴や価格、味、カロリーがどう比較するような記事を書くことが正しいのだろう。

だけど今回の記事ではそれはしない。

なぜなら比較にならないほど圧倒的な美味さだからだ。

冗談で言っているわけではない。

上記に書いた通り、好みがあるので世界一美味いとは言わない。

だけど、これ以上のカレーを探せと言われると、正直答えが出てこないのである。

それにしても、セブンイレブンは時々こういった

『コンビニメシなのにここまでやんの?おかしいんじゃね??(良い意味で)』

ということをやらかす。

今は売っていなくて残念だが、約12年〜13年前くらいに、塩で食べる冷奴を出してきたことがあった。

これも料亭の豆腐料理を凌ぐ味で、驚いた記憶がある。

大豆の良い香りが口の中を風のようにすり抜ける最高の一品だった。頼むから再販してくれ…

日比谷公園にある松本楼の昔懐かし庶民派カレーな味も好きだ。高級感皆無で気軽なカレー。でも金のカレーには及ばない。

調理はカンタン!レンジでチンするだけ。中には黒毛牛肉の塊がゴロゴロ入っている

まぁ美味い×3と、しつこく言っていても何も伝わらないので、せめて写真でもお見せしましょう。

パッケージは他のセブンプレミアムゴールドと一緒。

ごくごく普通のレトルトカレーである。

作り方は、むしろ他のレトルトカレー以上に楽チン。湯煎してもいいけど、封を開けて電子レンジでチンするだけでもOK!

袋の上部を開けて… (手で開けられる。ハサミ不要)

レンジに入れて…

500Wなら2分40秒、600Wなら2分20秒チンすればおしまい。

もう食べられる。

こんなに手軽にできてしまうのに、驚くほど美味いのだ。

中には、じっくり煮込み黒毛牛肉(アンガス種 そう、ステーキで有名なあの肉ですよ奥さん)の塊が、ゴロゴロと入っている。

レトルトとは思えない、食べ応えのある大きさで、口に入れると溶けるような柔らかさ。

スプーンに乗せると重さずっしり。

スパイスも20種類以上を合わせており、深〜い味わいが舌に乗っかってくる。

キャッチコピーのよると『8時間じっくり煮込んだフォン・ド・ヴォーと22種のスパイス』

高級店によくある、それぞれのスパイスが主張しすぎて美味しいんだけどまとまってない感(伝わる??)が一切ない。

とにかく味が深くて濃厚。肉の甘みがなんとも言えない。

これが369円(税込398円)で食べられる。

ちょっと良いところだとカレーは2000円〜4000円。高いところだと5000円する場所もある。ココイチだって1000円前後はする。

この価格で、この味を出されちゃもう外に食いに行くのがバカバカしくなってしまう。(まぁ行くけどさ)

金のビーフカレー スペック

一応、スペックを。

価格:369円(税込398円)
熱量:434kcal
容量:210g
レンジ加熱:500w2分40秒、600w2分20秒

あっ…以前よりもカロリー上がってるな。。。

まとめ

なにが伝えたかったかと言うと、このカレーマニアの私ですら異常なほど美味いと感じる、セブンプレミアムゴールド、金のビーフカレーを食べて欲しかったのです。

売り上げの良し悪しは知らないけど、食べる人が少なくて冷奴の時みたいに販売終了になったら本当に困る。

もっと騒がれてしかるべき商品です。

コンビニで買える、最も美味い食べ物だと思います。

まだ食ったこと無い人は、一度試してほしい。アホほど美味いから。

アフィリしないから、今すぐセブンイレブンかヨーカドーに走ってください。

その価値は絶対にありますんで。

全然関係無いけど、地元の土産物『白樺派のカレー』も貼っとく。

地域振興大事。

〜追記 アレンジするのは良いが、レジ横のホットスナックのトッピングとかマジやめろ!

一部でこの金のビーフカレーに、スパイスを追加したり、チャツネを入れたりとアレンジするのが流行っているらしい。

それはそれで良いのだけど、まだ食べたことの無い人は、まずはそのままの味で食べてほしい。

きっとそれが一番美味い食べ方だから。

お願いだから、セブンイレブンのレジ横にあるホットスナック(メンチカツとか、唐揚げとか、コロッケとか…)をトッピングするのだけはやめてほしい。いや…何の権限もないんだけど。。。

それでも言いたい。

せっかくの金のビーフカレーが安っぽい味になってしまう。

お世辞にもレジ横ホットスナックは、一流の味とは言えない。

でも金のビーフカレーは、超一流の味なのだ。

混ぜるな危険!

以上。

 

スポンサーリンク



仕事が舞い込むSNS活用 7日間メール講座

この講座は、お金をかけずとも集客が可能である、Facebook、Twitter、ブログ、Youtubeなどを活用し、自分だけのオリジナル情報発信メディアを構築、ビジネスに役立て、収益化していただくための講座です。